BCGは結核を予防するために接種するワクチンです。その効果について、多くの文献を総合的に評価した結果、乳幼児期にBCGを接種することにより、結核の発症を52~74%程度、重篤な髄膜炎や全身性の結核に関しては64~78%程度予防することができると報告されています(Colditz et al, 1995)。また、一度BCGワクチンを接種すれば、その効果は10~15年程度続くと考えられています。

出典結核とBCGワクチンに関するQ&A|厚生労働省

結核を予防するための大事な予防接種となります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ハンコ注射の跡って・・どうして残ってしまうん?

ハンコ注射といえば、最近では0歳時に受けさせるようなっているようで、うちの娘も接種しました。ところでハンコ注射の跡は残っている人残らない人がいるようですが、その境界線はどこなのでしょう?ちょっと調べてみました。

このまとめを見る