1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日本有数の温泉地「鬼怒川」の廃墟っぷりがヤバい

東京からもすぐに行けて伊豆、熱海などとならぶ温泉地のイメージがありますが、現在は廃墟だらけのようです。

更新日: 2017年04月02日

574 お気に入り 2451316 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

musinoneさん

鬼怒川と言えば

鬼怒川温泉と言えば一度は宿泊したり名前だ
けでも聞いたことがおありかと思います

しかし、今の鬼怒川は廃墟っぷりがすごいという

「街に活気がない」「さびれている」との指摘を多く受けるほど、人通りが少なく、空店舗等が目立つ状況である

グーグルマップのストリートビューを見た時にシャッター通りでバブル期に建設した建物の荒廃具合が凄まじく、とんでもなく寂れている印象があります

特に鬼怒川渓谷沿いのホテルは廃墟だらけ

盛者必衰。悲しい世の中ですね。華やかに構える観光ホテルの節々に廃の匂いが漂います

川を挟んでお向かえは廃墟だった。なんだか悲しかった・・・・

びっしりと両岸に建物が建ち並んだ結果、客が温泉につかってながめるのは他の旅館・ホテルでしかないのだ

かつては栄えたウエスタン村も現在は廃墟と化している

ウェスタン村(ウェスタンむら)は、栃木県日光市にあるテーマパークである。
2006年(平成18年)12月7日より長期休園中となっている。

ウエスタン村というのもあったなぁと調べると2006年に破産し、廃業していました。いまではすっかり廃墟です

2012年10月時点では建物の撤去は行われず、廃墟に近い状態となっている

高度経済成長期の産物なのか

一九六○年代の高度経済成長期、新興ホテルの進出が相次ぎ、老舗
ホテルは増築で対抗した。バブル期は新旧ホテルが増改築を競った

鬼怒川沿いは約四キロにわたって、コンクリートの建物が「乱立」した

昭和のコンクリ建築が立ち並んでいるだけで、廃墟もちらほらある

バブル崩壊以降に経営が厳しくなっている

バブル崩壊後は温泉街全体が経営的に一層苦しくなっている中、鬼怒川温泉も例外ではない

団体客相手を中心にした設備のままでの経営や硬直的で割高な料金設定(ホテル・民宿でほぼすべて同じ料金に設定していた時期もある)を後々まで続けていたことなども不振を促進させた理由である

ネットの反応は?

1 2