1. まとめトップ

健康になれるiPhone「ヘルスケア」対応アプリまとめ

iPhoneのiOS8以降で追加されたヘルスケア機能ですが、対応アプリを入れることによって自分がいつ死ぬかなど自分の行動の数値化や見え化ができるようになります。健康への近道かもしれません。

更新日: 2015年03月11日

28 お気に入り 63289 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tutaemanさん

まだiOS8にUPDATEされたばかりですが、iPhone5s、iPhone6/iPhone6 plusからついているM6/M7コプロセッサによって低電圧で常にアクティビティの記録や健康機器との通信ができるようになっているようです。そんなヘルスケア対応のアプリを無料有料含めておすすめを上げてみようと思います。

▷ MyFitnessPal(マイフィットネスパル)

▷ MotionX 24/7 (モーションX 24/7)

睡眠クリニックで使われる睡眠モニターとほぼ同等の精度を誇るアプリ

バージョン 7.0からiPhone 5sのM7モーションコプロセッサに対応し、睡眠、心拍数、気温などを記録出来るアプリです。

▷ ALKOO(あるこう)

▷ Fitport フィットポート

FitPortは、iPhoneの「ヘルスケア」アプリに保存されているデータをわかりやすく表示するダッシュボードアプリ

このアプリの特徴は、一日の進捗がわかる点。日ごと、週ごとの推移がわかるグラフで、努力の結果が一目で確認でき、 項目ごとにゴールが設定できる

▷ Noomコーチ

このアプリは、今の体重から「何キロ分をどれくらいの期間で減らしたいか」を入力すると、「カロリー予算」(1日にこれだけは食べて大丈夫というカロリー)を設定してくれます。

めんどくさがりな方や「ダイエットしようかな」くらいの軽い気持ちの方でも続けられるということ。目標体重から導き出した1日のカロリー摂取量を参考に、「あとどのくらい食べていいのか」を教えてくれます

これちょっと面白いかも

▷ alcCalc  アルカルク

飲んだアルコールの種類、量に対し血中・呼気中アルコール濃度や二日酔いのおそれを教えてくれます

▷ Deadline.(自分がいつ死ぬかわかるアプリ)

1 2