1. まとめトップ

【Google脱却】グーグルの代替サービスまとめ

GoogleのWebサービスに依存しすぎてはいませんか?検索、ブラウザ、メール等々。市場シェアを客観的に見つめ、他の良質なサービスにも注目しましょう。グーグルのポリシーに疑念のある方に特におすすめです。信頼性の高い代替サービスによる『脱Google』(できるかどうかは別だが...)の為のまとめです

更新日: 2015年07月31日

hiroki25nさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 14342 view
お気に入り追加

■検索エンジン - Google検索の代替サービス

1位 Yahoo! JAPAN 46.3%(Google検索エンジン)
2位 Google    43%
3位 Bing(MSN)  6%
4位 Docomo    3.6%
5位 Naver     0.7%


Source: 1st Class
http://find.accessup.org/kensaku/access_history.html

1位 Google    69%
2位 Baidu(中国) 17%
3位 Yahoo    6%
4位 Bing(MSN)  6.0%
5位 Other    2.0%


Source: Torsion Mobile
http://www.torsionmobile.com/2014/04/03/which-search-engine-dominates-mobile/

Yahoo! JapanはGoogle社の検索エンジンを採用しているため、日本国内の検索は約9割がGoogle検索です。Googleの代替をあげるならばBingです。プライバシーの観点からはユーザーの情報を一切記録しないDuckDuckGoがおすすめです。iOS8ではSafariの検索エンジンにDuckDuckGoが選択できるようになりました。

DuckDuckGoならば、広告主や他の機関に内容知られることなく、検索できます。

■ブラウザ - Google Chromeの代替サービス

1位 Google Chrome 49.8%
2位 Internet Explorer 22.8%
3位 Firefox 19.0%
4位 Safari 4.9%
5位 Opera 1.5%
6位 Other 2.1%


Source: StatCounter
http://stats.areppim.com/stats/stats_webbrowserxsnapshot.htm

2014年現在、Google社のChromeが世界のWebブラウザの約半数を占めています(StatCounterの統計による)。厳密にはブラウザのシェアは集計元によって若干異なりますが、概ね日本国内ではInternet Explorer、Chrome、Firefoxの順になります。
Chromeの代替としてはWindowsではInternet Explorer、Mac・iOSではSafariがデフォルトブラウザながら有力です。Firefoxは自由度が高いのでカスタムして使う分にはおすすめです。

FirefoxをリリースしているMozillaは収益の90%をGoogleに依存

■メールサービス - Google Gmailの代替サービス

2012年にHotmailを抜いて1位となったGoogle社のGmailでしたが、2014年現在では世界のWebメールの40%を握るようになりました。

Gmailを除くと、日本においてメジャーなサービスはOutlook.com(旧Hotmail)、Yahoo! Japanメール、iCloud(旧MobileMe)メールでしょう。これらはGmailと同様にフリーながら信頼性があります。これらのメールサービスはすべてiOSの標準メールアプリに対応しており、プッシュ(即時着信通知)やIMAPも可能です。日本国内で最も歴史のあるWebメールサービスはNTTレゾナント社のgooメールですが、2014年から無料サービスはなくなり有料サービスのみとなりました。

Outlook.comは広告を売るためにメール内容をスキャンしない。

あなたのEメールやメッセージを読んで、あなたに何かを売り込むための情報を集めることもありません。

・iCloudメール
・Microsoft exchange
・Gmail
・Yahooメール
・Aolメール
・Outlook.comメール

■ストレージサービス - Google Driveの代替サービス

1. Dropbox       33.80%
2. Google Drive     25.10%
3. OneDrive       19.30%
4. Norton Online Backup 5.80%
5. SugarSync      3.10%
6. iCloud        1.80%
7. Other        11.10%


Source: OPSWAT
https://www.opswat.com/about/media/reports/advanced-threats-backup-p2p-april-2014

Dropbox、Google Driveはもちろん人気ですが、OneDriveも人気です。オンラインストレージは信頼性が特に重要になります。複数のサービスを併用する人も多いと思います。SugarSyncは2014年から有料サービスのみになりました。

ファイル、コンテンツ、メール、連絡先リストなど(お客様の情報)は、お客様に所有権があります。

Microsoft は、本サービスに関連してお客様が提供したコンテンツの所有権を主張しません。

1 2





hiroki25nさん



  • 話題の動画をまとめよう