1. まとめトップ

あの山下達郎をカバー!?脅威のアカペラ・グループPentatonixがXmasアルバムで!!

動画サイトYouTubeで人気に火がつき、今年夏にサマーソニック出演の為、念願の初来日を果たしたPentatonix。そんな彼らが、11月に日本でのXmasアルバムリリースを発表した!なんと初の日本曲のカバーを収録するという。

更新日: 2014年11月23日

21 お気に入り 21054 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

YouTubeで5億5,000万回以上の総再生数を誇る

画像左から、
アヴィ(ベース)、カースティ(メゾソプラノ)、スコット(バリトン)、ミッチ(テナー)、ケヴィン(ヒューマンビートボックス)

デジタルエフェクト系サウンドをア・カペラで大胆にアレンジ、ヒューマンビートボックスによる表現は再現性の高さ・着眼点の良さからバイラル的な人気を博している

2014年グラミー賞を総ナメしたDaft Punkをメドレーでカバーした動画が話題に。
この動画で彼らを知った人も大多数いるだろう。

彼らは親日家として有名

この動画のラストでは、紅一点のカースティがピカチュウの着ぐるみを着ている。

Clean Banditのカバー「Rather Be」のMVは全編上野アメ横で撮影された。

撮影は大変でしたが夢にまで見た日本で、しかも本物の東京下町で撮影したリアルな作品を作ることが出来て本当に嬉しいです。

「Rather Be」MVについての、スコットのコメント

日本でのデビューアルバムとなった本作。
アメリカで発売したPTX Vols. 1とPTX Vols. 2を合わせ、新たに日本盤のみのボーナストラックを収録したもの。

「アナと雪の女王」主題歌「Let It Go」も満を持してカバー

日本版にのみ先行収録された(アメリカでは後に「That's Christmas to Me」に収録されることになる)。

そんな彼らが、日本でXmasアルバムの企画盤を発売!

クリスマス・ソングのカバーを中心とした10月21日に発売予定のクリスマス・アルバム『That's Christmas To Me』に大ヒットクリスマスEP『PTXmas』+α?を追加した日本企画盤。

山下達郎「クリスマス・イブ」のカバーを追加収録

彼ら初の日本曲のカバー。YouTube公式チャンネルにて韓国語で「カンナムスタイル」を歌ったり、フランス語で歌った「papaoutai」をアルバム収録したりしている。
今回の「クリスマス・イブ」は、日本語なのか?英語なのか?期待は膨らむ。

こちら原曲。映画「MIRACLEデビクロくんの恋と魔法」の主題歌に起用されました。

そんな最新アルバムから、ちょこっと先取り!!

日本でもおなじみの「Winter Wonderland」!
この曲はトリー・ケリーというシンガーを迎えてのパフォーマンス。ケリーも21歳ということで、
なんと6人の平均年齢は22.5歳!!若きシンガー達の甘いXmasソングだ!

「Winter Wonderland/Don’t Worry Be Happy」に続いて公開されたMV「Mary, Did You Know?」。キャンドルを持って歌う5人が印象的なビデオになっている。そして、普段はビートボックスを担当するケヴィンの歌声もたっぷり堪能できるのも大きなポイント!!

アルバムタイトル曲「 That's Christmas To Me」。メンバーの幼少期の映像も織り交ぜられています。おっきなツリー、ソファーに座って歌う5人…。アットホーム感を感じますね。

【おまけ】

下の動画は、グループいちの仲良し(?)、ミッチとスコットがユニットとして動画投稿をしている「SUPERFRUIT」のチャンネルより。

この動画は来日中に投稿されたもの。冒頭とラストで、ほんの少しだが日本語をしゃべっている。
日本で撮影したパノラマを見てはしゃぐ2人の笑い声が楽しい。
最後にミッチが…!!

1