1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

CrescentMOONさん

▼毎日つける結婚指輪だからこそ、こだわりたい!

大切な人との一生の絆。
それを形にあらわした結婚指輪だからこそ、
デザインにもこだわりたいですよね。

▼BOUCHERON(ブシュロン)なら、個性がきらりと光る!

BOUCHERON(ブシュロン)なら、
シンプルな中にも洗練された個性的なデザインの
運命のマリッジが見つかるかも。

▼BOUCHERON(ブシュロン)とは?

BOUCHERON(ブシュロン)


150年以上の伝統と熟練の職人技で、人生の一瞬一瞬を祝福。感動を輝きに込めて表現するメゾンジュエラー

パリ・ヴァンドーム広場26番地に最初にブティックを構えた老舗ジュエラー。1858年の創業以来、世界中の王侯貴族やセレブリティを魅了し続けるクリエイションには、伝統と類まれなる職人の技術が息づく。

貴重な宝石はどこよりも先ににブシュロンに持ち込まれる

ブシュロンは高品質の宝石しか扱わないことでも有名。この姿勢は創業当時から変わらず、貴重な宝石が見つかればどこよりも先にブシュロンに持ち込まれるといわれるほどだ。

▼ポワント ド ディアマン ウェディングリング

ブシュロンを象徴するモチーフ「クル ド パリ」は、光の都パリのロマンティックなエスプリと、ヴァンドーム広場の石畳を表現しています。
ゴールドに施された巧みな彫刻が光をとらえ、ダイヤモンドのようなきらめきを放ちます。
まるで二人の絆を称えるかのように、明るい輝きで永遠の愛を祝福するリングです。

ハイジュエラーの聖地、光の街パリ・ヴァンドーム広場の石畳を表現したデザイン。極小のピラミッド状に彫られたプラチナのアームは、光を反射しダイヤモンドのようにきらめく。17世紀から続く伝統的なモチーフながら、モダンでオリジナリティのあるリングは、愛を誓い合ったふたりと同様に永遠性と普遍性を兼ね備える。イエローゴールド、ピンクゴールドタイプもあり。

ディアマンを着けるとこんな雰囲気です♡

重ねづけしている婚約指輪は
ティファニーハーモニーです♡

ブシュロンを代表する「キャトル」にも使用されるモチーフの1つ「ポワント ド ディアマン」に新作が登場。男女共にマリッジリングとして、またファッションリングとしてオリジナルの重ね着けコーディネイトが楽しめます。 pic.twitter.com/KLQqFT5ZFv

▼ファセット ブライダルリング

ブシュロンを象徴するファセットのモチーフは、ダイヤモンド特有のファセットカットをイメージさせます。
ブシュロンの職人の手により、プラチナに緻密な彫刻やカットが施され、研磨され、たくさんのファセットが光を反射するマリッジリングに仕上がっています。
ファセットは、ダイヤモンドのような煌めきで永遠の愛を誓います。

ダイヤモンドに施されるファセットカットからインスピレーションを得たデザイン。卓越したメゾンの研磨職人の磨きにより、リングのファセット(面)が光を反射してきらめく。ジュエリーのクラス感も感じられる、揺るぎないふたりの愛を証明するリング。アームの幅はバリエーションがある。イエローゴールドタイプもあり(アーム幅の展開なし)。

1 2