1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

え、ダメなの!?沖縄の浜に落ちているサンゴは持って帰っちゃダメらしい・・・

ぶっちゃけ知らない人も少なくはないはず。

更新日: 2015年10月10日

warm7さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
45 お気に入り 153563 view
お気に入り追加

※地域によって条例が異なりますのでご注意ください。

▼砂浜に落ちてるサンゴの持ち帰りはダメらしい・・・

海岸あるいはその海域に地元漁協等によって「漁業権」が設定されていれば、魚貝類(ウニなども含む)を採取することは、漁業権を侵害することになるので、民法上の不法行為に該当します(民法709条)

▼沖縄のホムペにもしっかりと書いてある

折れて海域に落ちているもので(生死は問いません。)、原形をとどめているもの(砂状、れき状、石状等の死サンゴは、除きます。)も採捕は禁止です。

石状態のサンゴの判別が難しいですが、あからさまにサンゴとわかるものはダメです

これによると、あからさまにサンゴとわかるものはダメです。(石状態のサンゴの判別が難しいですが、)

▼アイドルがブログで謝罪

仙石みなみ(23)が9日に自身のブログで、沖縄でサンゴを拾ったことを報告したところ、「禁止行為だ」との指摘

仙石は10日、「知らずに、拾ってしまったこと、本当にすみませんでした!」と謝罪

本人は知らなかったようです。
ってか、僕も知りませんでした(・・;)

▼沖縄独自の規則がある

沖縄県漁業調整規則によると原形をとどめているサンゴはたとえ死んでいても取ることは禁止されている沖縄県漁業調整規則によると原形をとどめているサンゴはたとえ死んでいても取ることは禁止されている

▼実は砂利採取法とういう法律もある

「砂利採取法」に基づき、建設省所管国有財産取扱規則、沖縄県海砂利採取要綱、沖縄県漁業調整規則などで沖縄のサンゴは保護され、持ちだし禁止になってる

第1条 この法律は、砂利採取業について、その事業を行なう者の登録、砂利の採取計画の認可その他の規制を行なうこと等により、砂利の採取に伴う災害を防止し、あわせて砂利採取業の健全な発達に資することを目的とする。

業者は販売目的のほか、他の箇所に使用する目的を持って砂などを採取する場合、採取計画を都道府県に提出し、認可を受けるよう義務付けられている。

違反した場合は1年以下の懲役か、10万円以下の罰金に処するとされている。

▽しかし非常に曖昧・・・

うーん、なんとも言えないですね・・・

▼関係各所に問い合わせる必要がある

第三条  砂利採取業を行おうとする者は、当該業を行おうとする区域を管轄する都道府県知事の登録を受けなければならない。

海岸に落ちている原形をとどめていないサンゴのかけらの利用については、下記管理者にお問い合わせください。海岸の管理者は、海岸防災課ホームページから確認してください。

1 2





仕事忙しい!!
いろんなことまとめたい!!
あと英語を使った仕事したい!!
twitterしてます!
https://twitter.com/warm7tm?lang=ja