1. まとめトップ

田宮五郎死去 浅野ゆう子・田宮二郎・藤由紀子・柴田光太郎 の関係を確認

闘病の末、11月10日に亡くなった俳優田宮五郎さん。最後を看取った恋人の浅野ゆう子さん。彼女は田宮五郎さんとの結婚も考えていたと報道されています。人気スターだった父・故田宮二郎さん、藤由紀子さん、柴田光太郎さんら、家族も含めて改めて人間関係を整理してまとめました。

更新日: 2015年01月04日

4 お気に入り 282941 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

futoshi111さん

▼田宮五郎

1967年1月13日 - 2014年11月6日

父は田宮二郎、母は藤由紀子、兄は柴田光太郎


所属:キャストパワー
http://castpower.com/TamiyaGoroh.html

・本名:柴田 英晃(しばた ひであき)
・旧芸名:田宮 英晃(たみや ひであき)

・主な出演作
ドラマ:「人生はフルコース」「功名が辻」「七人の敵がいる!~ママたちのPTA奮闘記~」
     「官僚たちの夏」
映画:「カンナさん大成功です!」「カムイ外伝」

田宮さんは2012年4月12日、くも膜下出血によって自宅で倒れ、同13日に8時間に及ぶ手術を受けた。一時は昏睡(こんすい)状態に陥ったが、リハビリができるまでに回復し、同7月にリハビリ専門病院に転院、同12月には退院していた

くも膜下出血を発症した田宮さんはなんとか一命は取り留めるも左半身に麻痺が、そして脳にもダメージが残ってしまったという。そのため後遺症から感情の抑制が利かなくなってしまうこともあった

2012年4月に病に倒れる

葬儀・告別式は近親者で済ませた。闘病を支え、交際していた女優浅野ゆう子(54)が最期をみとった。浅野は憔悴(しょうすい)しきっているという

▼浅野ゆう子

浅野ゆう子(54)が、田宮さんとの結婚を考えていたことが11日、分かった。友人の歌手、小林幸子(60)が、同日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」で相談を受けていたことを明かした

「一瞬一瞬を大切に生きていかなくてはならないということを、本当に昨年すごく勉強させてもらいました。出会いがあると、絶対やってくるのは別れですからね。そこに向かって、日々過ごしていかなくてはならない。でも、支えてくれる方がいてくれるんだっていうのは宝物ですよ。思っていただいて、応援していただいて、支えてくださって、そういう方々と一緒に過ごせているんだっていうのは、それは幸せです。それをちゃんと幸せなことなんだよっていうのを、もっともっと理解できる大人になりたいかな。これが今年の新年の最初のごあいさつで、抱負かもしれません。ありがとうございます」

 田宮さんの名前こそ出さなかったが、最愛の人と別れ、一瞬一瞬の大切さを痛感している

結婚を考えていた矢先の訃報だった

浅野ゆう子の心中を察するに余りある

交際は2007年ごろにスタートしたらしい

・本名:赤沢 裕子(あかざわ ゆうこ)
・神戸市出身
元祖トレンディ女優として80年代に大ブレイク

・主な出演作
ドラマ:「太陽にほえろ!」「君の瞳をタイホする」「抱きしめたい」
     「ハートに火をつけて」「大奥」  ほか
    
映画:「獄門島」「藏」「その木戸を通って」  ほか

闘病を支え、交際していた女優浅野ゆう子(54)が最期をみとった

田宮さんと浅野は婚姻届を出すことはなかったが、事実婚の関係だった

「遅咲きすぎるデビューだったため、田宮さんにはなかなか仕事が回ってきませんでした。そんな彼をサポートしたのが浅野さんだったんです。ふたりはもともと、同じ事務所に所属していて、浅野さんは独立してからも、彼のために自分の知り合いのプロデューサーに頭を下げ、自分の出演するドラマや映画に田宮さんを出演させてもらえるように頼み込んだんです」(テレビ局関係者)

▼田宮二郎

1935年8月25日~1978年12月28 日

長男は柴田光太郎、次男は田宮五郎、藤由紀子の夫

生きざまも死にざまも激しいものだった

本名:柴田 吾郎(しばた ごろう)

俳優・司会者

主な出演作
映画:「女の勲章」「不信のとき」「白い巨塔(映画版)」「悪名」シリーズ
ドラマ:「白い巨塔(ドラマ版)」

1977年の「白い巨塔」で一気にブレイクした。このドラマはのちリメイクされている
「クイズ・タイムショック」の初代司会者を務める

田宮は、趣味のクレー射撃に使うアメリカ製散弾銃をベッドの中に入れ、足の指でひきがねをひいたものらしく、弾は心臓部に直径ほぼ3センチの穴をあけ、即死の状態であった

▼藤由紀子

1 2