角道を開ける(7六歩)

将棋の初期配置では、動けない駒が3つあります。
それは、2枚の桂馬と角です。
角はとても価値がある駒ですが、初期配置では動くこともできず、その状況のままにしていると弱点になってしまいます。
ですので、角の右上の歩を動かし角が動けるようにしましょう。(これを角道を開けると言います)
こうすることで、角が動けるようになり、また角の下にあった桂馬も動くことができます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

超初心者向け 将棋が強くなるちょっとしたコツ集

現在の若者は将棋を知らない人が多いということで、ルールを覚えたての人向けに、将棋で勝てるようになるちょっとしたコツや方法をまとめてみました。※コンピューター将棋のこまおにも勝てない人向けの記事です。

このまとめを見る