将棋である部分に攻撃を仕掛ける場合は、攻めたいマスに利いている駒が相手より多い必要があります。(詳しくは下記参照)
もし、利いている駒が相手より少ないもしくは同じ場合は、利いている駒を足さなければいけません。(駒が利いている=駒がそのマスに進むことが可能な状態のこと)
これを駒の足し算と言い、このような攻撃を足し算攻撃といいます。

以下に、とてもわかりやすい例を出します。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

超初心者向け 将棋が強くなるちょっとしたコツ集

現在の若者は将棋を知らない人が多いということで、ルールを覚えたての人向けに、将棋で勝てるようになるちょっとしたコツや方法をまとめてみました。※コンピューター将棋のこまおにも勝てない人向けの記事です。

このまとめを見る