1. まとめトップ

神奈川県のオリジナル信号機がかわいい!よみがえるアトムくん

ここでしか見られない特区オリジナルの信号機がアトムくんをイメージキャラクターに使っています。

更新日: 2014年11月12日

1 お気に入り 2398 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rainbow39さん

県がロボット特区内に信号▽

生活支援ロボットの開発・普及を目指す「さがみロボット産業特区」を主導する県は11日、特区エリア内にイメージキャラクター「鉄腕アトム」を使った歩行者用信号機を設置した。話題づくりにと、具体的な設置場所は明かしていない。

<設置場所のヒント>
特区内の市町のうち、名前がひらがなで4文字のところです(○○○○市、○○○○町)。
夏は大渋滞で有名な道路がすぐ近くにあります。
大きなプールや空中散歩が楽しめる施設が近くにあります。
これから「スペシャルイベント“アトムを探せ!”」 が行われるところです。
特区スペシャルムービーの空撮スタート地点の南2kmのところです。

手塚治虫とは?▽

出典laughy.jp

手塚 治虫(てづか おさむ、本名:手塚 治、1928年(昭和3年)11月3日 - 1989年(平成元年)2月9日)は、日本の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。 医学博士。血液型A型。戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、現代にまでにつながる日本の漫画表現の基礎を作った。

1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼした。1970年代には『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』などのヒット作を発表。デビューから1989年の死去まで第一線で作品を発表し続け、存命中から「マンガの神様」と評された。

藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A)、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、横山光輝などをはじめ数多くの人間が彼に影響を受け、接触し漫画家を志した。

晩年の手塚治虫の言葉― “アニメ「鉄腕アトム」は失敗だった”
 日本テレビアニメの黎明期を築いたアニメ「鉄腕アトム」。日本で爆発的ヒットを飛ばし、その後世界的にも大成功をおさめた“アトムの成功”を、晩年の手塚治虫氏はこうポツリと言い放ったと言います。

手塚治虫がこの物語で本当に描きたかったのは「科学」と「人間」がどう関わるのか――
すべてを万能に変えるという「科学」への人間の過信と驕りに疑問を投げかけるために創り出した“アトム”物語。しかし、成功をおさめるにつれ、アトムのゆるぎない正義感と「強さ」のみが一人歩きし、いつしか「正義のヒーロー」のアイコンとなってしまったことに、手塚氏は晩年公開、逡巡したと言います。

ハリウッドで3DCGアニメ化▽

手塚治虫原作で自らテレビアニメ化もした不朽の名作「鉄腕アトム」。1963年にハリウッドでCGアニメ化。少年トビーがアトムとなる悲しい背景から、人々との触れ合いや冒険を生き生きと描く。アトムの声を務めるのは、『チャーリーとチョコレート工場』『奇跡のシンフォニー』の天才子役フレディ・ハイモア。お茶の水博士を『ラブ・アクチュアリー』のビル・ナイ、テンマ博士を『ゴーストライダー』のニコラス・ケイジが担当するなど、ほかの登場人物の声を演じるキャストたちも豪華。誕生して50年以上を経て、新たなスタイルで生まれ変わったアトムに注目。

1