1. まとめトップ

【電話機から携帯電話まで】 年代別で見る電話の歴史まとめ

1876年に電話が発明されてから現代のスマートフォンに至るまでの電話の歴史を年代順にまとめています。検索用:電話 携帯電話 スマートフォン スマホ

更新日: 2015年02月26日

9 お気に入り 208356 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shi-bashi-baさん

1876年 アレクサンダー・グラハム・ベルが電話機を発明

1876年2月14日午前11時頃、弁護士のG・G・ハバードがアレクサンダー・グラハム・ベルの特許明細書を提出、同日午後1時頃にはイライシャ・グレイが予告記載書を提出した。米国特許法の先発明主義(出願申請の日付ではなく発明成立の日付が早いほうに特許が与えられる)により、1876年3月7日に米国特許174465号としてグラハム・ベルが取得した。

出典電話 - Wikipedia

ベルは午前11時頃でグレイは午後1時頃。たった2時間程度の時間差で電話機の発明者はベルということになってしまいました。

1926年(大正15・昭和元年) 日本初の自動交換方式

日本では、1923年の関東大震災の復旧をきっかけに自動電話交換機が採用された。その後、逐次自動化されていくが、当初は市内電話に限られており、市外電話にまで採用されるようになったのは戦後かなりたってからである。

出典固定電話の歴史<通信の歴史<歴史<木暮仁

1970年代 昭和を代表する黒電話の登場

1963年(昭和38年)、日本電信電話公社によって制式化され、提供が開始された。
色は当初黒のみだったが、1971年(昭和46年)から「グリーン」「ウオームグレー」「アイボリー」が追加された。

出典黒電話 - Wikipedia

サザエさんやちびまる子ちゃんに出てくるあの黒電話です。
その後1980年代からは押しボタン式電話機が主流になり、それ以降の電話はほぼ全てボタン式になっていきます。

1980年代後半~1990年代 親子電話・コードレス電話

固定電話回線などに接続された親機と子機との間を無線通信で結ぶ電話機およびそのシステムである。原則として、電話回線に接続された親機を加入者が設置し、その親機が設置された宅内あるいは構内とその近傍でのみ通話可能である。

出典コードレス電話 - Wikipedia

ちなみに、ワイヤレスフォンが世界で最初に登場したのは1970年(昭和45年)大阪万博と言われている。

1985年 NTTが初のポータブル電話機「ショルダーホン」発売。

その後、可搬型の無線電話として肩掛けタイプのショルダーホンが登場。
カバンのような大きさで肩掛けベルトがあり、無線機本体だけでなく電池も一緒に運んだので重さが約3Kgもあった。

1987年 NTTからショルダーホンより小型化した携帯電話機発売。

初期の頃の携帯電話(TZ-802型)は重さが約900gもあり、サイズは約120mmX42mmX180mm(高X幅X厚)だった。

1996年 着信メロディ機能を搭載した携帯電話が登場

NTTドコモの「デジタルムーバN103HYPER」に、着信メロディ機能が世界で初めて搭載され、プリセット楽曲から選択できた。

昔は自分で入力して着メロを設定するための楽譜雑誌が売っていました。

1997年 ショートメールサービス開始

デジタルホングループ、携帯電話初のショートメッセージサービス「スカイウォーカー」導入。

1999年 J-フォンより初のカラー液晶端末が発売

1999年 インターネット接続サービス(携帯電話IP接続サービス)開始

1999年1月にドコモがiモードを、同年4月には旧DDIセルラーグループが「EZweb」を開始し、世界に先駆けて携帯電話を使ったインターネットサービスが提供された。また、それまでのSMS(ショートメール)に代わり、携帯メール(E-mail)も始まった。

1999年 世界初のカメラ内蔵携帯発売

1999年9月、京セラが世界で初めてカメラ付き携帯電話端末「VP-210」をDDIポケット(現ウィルコム)から発売した。

携帯電話の番号が11桁になったのも1999年。この年を境に、携帯電話事情は大きく動くんですね。

1 2