1. まとめトップ
  2. カラダ

勉強の強い味方!「チョコレート」の効果的な食べ方って?

「頭がよくなる」「脳が活性化される」はたまた「集中力が高まる」食べ物として人気のチョコレートは、特に受験生の勉強・暗記・試験の強い味方として知られています。そこで、チョコレートを食べるとよい理由、効果の高まりやすいおすすめの食べるタイミングをまとめ。

更新日: 2016年02月12日

1403 お気に入り 635122 view
お気に入り追加

◆そんな「チョコレート」は、どのように食べればいい?

チョコレートを食べると、食後だいたい1時間で血糖値や抗酸化作用のピークを迎え、2時間後には徐々に下がっていきます

チョコレートを食べるタイミングは、集中したい「直前」に食べるのが効果的です

●例えば《試験》なら

受験生は、会場にチョコレートを持って行って、休み時間に食べてもリラックスできてよいかもしれません

【明治 ぶどう糖チョコレート】
「ぶどう糖を多く含んでいる」のがウリのチョコレート。小さいブロック状のチョコなので、勉強のお供にも最適。

●例えば《勉強・暗記》なら

勉強・暗記に合わせ、1日数回に分けて少量ずつ食べるのが効果的

※やはり、集中したい1時間前ぐらいに食べるのがベスト。

【グリコ GABA】
GABA(ギャバ)は、ストレスを和らげ、興奮した神経を落ち着かせる働きを持っています。そんなGABAを含んだ受験生に人気のチョコレート。

母さんセンター試験は遠足じゃないんだよ…チョコレート3箱も買ってきても持って行かないよ

◆もちろん注意点もある

チョコレートを過剰に食べたりすると、カロリーを取り過ぎるなどして健康に良くない影響をもたらす可能性もあります

空腹時に多量に食べると、体質によっては逆に低血糖気味となり、気持ちが悪くなることもあるので、気をつけてください

◆というわけで

チョコレートを味方につければ、あなたの勉強もスムーズに進みます。バッグにチョコレートを入れておきましょう

※よい子のみんなは学校では食べないようにね!

-参考リンク

1 2