1. まとめトップ

超お金持ちが乗る飛行機がヤバイ!!ビジネスジェット/プライベートジェットの世界。

ハリウッドセレブや、アラブの石油王、超多忙なビジネスオーナーたちの常識?ラグジュアリーなビジネスジェット/プライベートジェットについてまとめました。

更新日: 2014年11月18日

22 お気に入り 141649 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

GUMKFさん

ビジネスジェットってなあに。国土交通省の定義。

数人~十数人乗りの小型機で、個人の都合に合わせて目的地まで飛ぶことができる飛行機のことです。主な利用者は、企業の経営層など時間的制約の厳しいユーザーが中心

ざっくり言うと自家用車やタクシーみたいに自分の都合に合わせて使える飛行機のようです。

お金持ちの飛行機 その1.グローバルエクスプレス ボンバルディア社

、カナダのボンバルディア・エアロスペース社が開発した高速ビジネスジェットである。長大な航続距離をもち、軍事目的にも転用された。

ボンバルディアはANA JALの国内線でよく使われている飛行機メーカーですね。

シックな内装がいいですね。天井も低くないです。

お金持ちの飛行機 その2.ボーイングビジネスジェット ボーイング社

大手航空会社が大体しているボーイング社製のビジネスジェット。
ラインナップは737、777、747まで!

通常200人程度乗れる737をビジネスジェットと使用するだけでも大分大きいと思いますが、
ワイドボディの777やジャンボ機747のビジネスジェットもあります。

ワイドボディ777のビジネスジェット!!って

ボーイングは2014年6月10日、同社のビジネスジェット部門が777-300ER、1機を確定受注したと発表しました。顧客名は非公表です。777-300ERをベースとしたビジネスジェット仕様BBJ機で、2014年はワイドボディ機で2機目の受注となります。

自家用かなー。商用かなー。自家用なんだろうなー。ワイドボディは軽く300人は乗れる機材ですが、ビジネス使用って。何人乗りなんでしょうか。国土交通省の定義にあるビジネスジェットでは小型機とされていましたが、まさに想定外の飛行機です。

ボーイングでは2006年に747-8、787のワイドボディ機をBBJのラインナップに加えて以来、ワイドボディ機の発注は全体の40%を占めていると公表

なんと、ワイドボディでのビジネスジェット発注40%。いつかワイドボディが主流になる日がくるのでしょうか。

ボーイングビジネスジェットのホテルみたいな内装に驚愕

これは、ホテルの一室にしか見えないですね。こんな飛行機で移動したいなー。地球1周しても疲れないんだろうなー。

ボーイングビジネスジェットのお値段ざっくり60億円!(中古)

お金持ちの飛行機 その3.ガルフストリーム ガルフストリーム社

ボンバルディアのグローバルエクスプレスとにた雰囲気です。

大手航空会社もビジネスジェット運航しています。

ビジネスジェットなら出入国は3分!!!

1 2