1. まとめトップ

気づいたら臨月…小学生の妊娠・出産の現実

大人は見ている様でみていない。どんな家庭でも起こりえる実態。

更新日: 2016年05月23日

5 お気に入り 734424 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

SON777さん

今小学生の妊娠・出産が問題に

彼氏彼女持ちが、今や小6のクラスに4人はいるらしい。恋愛にはまるのは、ませた子より、寂しい子。親は叱る前にもう一度親子関係を見直したほうがいい。

最近の小学生女子 ・クラスの3分の2が彼氏持ち ・露出で男を落とす ・休憩時間にカーテンにくるまってキスする。 ・チュープリはあたりまえ ・8割が化粧を経験

「保育園のときからの幼なじみ。ともに共働きで親が忙しいから、小さいときからよく預け合いをしてきた。女の子が男の子の家にいつもいる。でも、男の子の祖父母はまったく気づかなかった」

そばに大人はいるけれど、実は子どもの本当の姿が見えていない。エアポケットのような環境で、子どものなかでは性的な興味よりも寂しさが先行していたのかもしれない。

「若年層の妊娠といえば、出会い系サイトだとか非行に走った少女だけだろうと大人は想像するようだが、実は違う。そういう子も一部にいるが、彼女たちはまだ安心できる。友達や親にSOSを出して連れてきてもらえるが、逆にごく普通の家庭、親もきちんとした職業で、これまで何事もなくすくすくと育ってきた子ほど自分で抱え込む。ひとりで病院に行くこともできずに悩んでいるうち、もう産むしかないとなる」

気づいたら臨月…小学生の妊娠・出産の現実zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=2014… 前に小学生向け少女雑誌の内容の板があったけど、御花畑な頭の内容とか漫画家キモイなんてコメが並んでた。でも今って虐め題材にPって言葉が出てくる。興味が先で情報が正しく伝えられてないと思うんだよね

女性は早くて小学生から月経が始まって、生理痛に悩まされ、精神的にも落ち込んだりしたりして、妊娠して、毎日、二日酔いみたいな症状と戦って、出産は命がけ。子供が産まれたら1年?2年は、ほぼ寝れない生活。閉経直前は、更年期障害。それでも、皆、美しい。女性に産まれてきて良かった。

恋愛の低年齢化に問題が・・

恋愛の低年齢化が進み、今や小学生でも彼氏・彼女持ちは珍しくない。背景にあるのは、純粋な恋愛への興味だけではないようだ。

ベネッセが2012年に行った調査によると、わが子に「男女交際の経験がある」と答えた保護者は小学5年生が5%で、30人クラスなら1~2人。6年生は13.7%とアップするがクラスに4人程度だ。恋愛について親に話すかとの質問には小学6年生は「あまり話そうとしない」と「ほとんど話そうとしない」を足すと64%。かなり秘密主義だが、単に興味がない子も含まれるかもしれない。

子どもだけで東京ディズニーリゾートに行くと言い張る小6の娘とケンカになった。親がついていくと言ったら3組でデートするからNGだという。

「旗振り役の女子は、自分が好きな男の子と出かけたいから他の子たちを誘うみたい。そういう子のお母さんは共働きで家にいないとか、専業主婦でもあまり学校に顔を見せない人が多い気がする」

臨床心理士でスクールカウンセラーなどを30年以上務めてきた福谷徹さんによると、異性に興味をもつ動機が今の子と親世代の子ども時代では異なるそうだ。

「昔の子は、成長の証しである興味や背伸びからだが、今の子は寂しさを補塡する傾向がある」

アメーバピグで小学生と会話するのが最近の趣味なんですが、ある小学生の「彼氏いる」という発言におっさんどもが「小6の分際で!?」「未だにいない俺は何なんだ畜生」「荒れてる。日本が荒れている」「俺が小6の時はザリガニをすりつぶしてたら一日が終わってた」と錯乱していてほっこりしました。

恋愛の低年齢化?小中学生の間で「つきあう」ことがブームになっている!

今時の子供たちのおつきあいは、告白するのは女の子からが多く、1つ年下の男の子とつきあう女子もいるとか。

「つきあうブーム」について、女子小中学生にインタビューすると「クラス40人中、つきあっている子がいないのは2人だけ(中1)」、「とにかく告白する!(小6)」、「カレカノ、メチャいます。3人に1人はいる(中1)」「(憧れは)壁ドン!みたいな(中2)」など、驚きのコメントが。

一方、母親たちからは「私達の時代では、考えられない」「ちょっと軽すぎる」「秘密にされて、何もなければいいけど。何かあった時にイヤ」と、ネガティブなコメントが寄せられた。

性体験の低年齢化 10代・大人はどう見る

先日小学6年の娘に彼氏がいることがわかりました。
相手はクラスの人気者のお子さんで、娘が数年前から気になっていた存在です。
何事もオープンに話しをする性格の娘ですが、このことだけは私には内緒にしておりました。

自分の出産後、同じ年の友達3人も子どもを産んだ。その一人が書く子育て日記を毎日インターネットで読む。「同世代のママが何しているか気になる。不安だからかな」

「うちの子に限って、と思った」と母(52)は打ち明ける。孫の世話のため、週5日働いていたのを2日にした。「早すぎる妊娠は、親も含め、周りに大きな影響を与える」と話す。

「子どもたちは、ある意味で社会の被害者。自分の身を守ることができるように、性情報を含めた情報の読み解き方も教えるべきだ」。京都大学の木原雅子助教授(52)=社会疫学=は、そう話す。

中2の娘が妊娠してきました。生理用品が減っていない事に気付き、おかしいな~と思い聞いてみました。最初はもう終わったと誤魔化していましたが、怪しかったので、目の前で検査薬をやらせました
すると陽性でした。まだ病院には行ってませんが、聞くと先月も来てなかったとの事です

相手側の両親にも妊娠の事実を話しました。相手は16歳です。相手の両親は本人が産みたいなら、産ませるべきだと言います。娘は産みたいと言ってます
産むのなら相手側の御家族が、責任もって娘さんと子供を面倒見ます。と言います

1