1. まとめトップ

泣いてる人に贈りたい。サクッと読める面白いコピペ集《厳選86話》

泣いている人がいたら、爆笑話で笑わせたい。短時間で読める、読みやすく面白い話を集めました。参照:2ch・Twitter・コピペ

更新日: 2017年12月02日

9 お気に入り 135450 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

press-makerさん

銀行に来たおばあちゃん

銀行で窓口業務をしている親戚の話。

ある日、おばあちゃんが新規口座開設にきたので「4桁の暗証番号を決めて下さい」とお願いしたら、えらく悩んでいた。

「おばあちゃん、明日でもいいから決まったら教えてね」と言ってその日は帰ってもらった。

そして次の日、おばあちゃんが持ってきた申し込み用紙には、はっきりと

「ど・ん・ぐ・り」と書かれていた。

前夜のおばあちゃんの苦悩の様子が頭に浮かんで、笑いたくても笑えなかった。

父さんからのメール

父さんからメールがきた。

「いや~。父さん携帯買っちゃったよ。さっそくメールしてみたけど、
案外簡単に作成できるんだな。もう使い方はマスターしたな。」

という件名で送られてきた。

ネズミ捕り

この前ねずみ取りやってたから自転車本気で漕いで通過して
「何キロでてました?」って聞きに戻った。

「仕事の邪魔です」って言われた。

トイレのつまり

以前かーちゃんがトイレがつまった時に
「大変やブライアン呼ばなブライアン」
って言ってた。

俺はクラシアンと間違ってんなと思ってたら
ホントに知り合いのアメリカ人の配管工ブライアンが来たときにはリアルで吹いた。

地震へのクレーム

おい余震いい加減にしろよ。
さっきから赤べこの首が止まんねーよ。

母からのメール

朝起きたら親からメールが来てた。

「母は冷静沈着である」

何があったのか。

じいちゃん

俺には90のじいさんがいる。

先月癌で入院し、闘病中だったが昨日あることを言われた

「死ぬ前に…クリームパンが食べたい…」

俺はすぐにコンビニへ走り、クリームパンを買って戻ってきた。

それをじいさんに食べさせると、一口食べたとたんに死んでしまった。
何よりも安らかな顔だった。

「死ぬ前に食べれて幸せだろう…」と思い、
かじりかけのクリームパンを見てみた。

クリームにとどいていなかった。

知能犯

車の運転中、道路にカラスがクルミを置いたのを見たから
世の中そんなに甘くない事を教えようとクルミを避けたら
避けたとこにもクルミがあって割ってしまった。

あいつらはヤバい。

少年の心

いつも子供っぽいお菓子持ち歩いてるのがかっこいいと思ってた。

大学の講義のときに近くに女子が座ると
「やべー修正液がねー午後一で出すレポートなのにー」とか「消しゴムがねー」とかアピールして
女の子が親切に貸してくれる。

それを返すとき
お礼にこれ、とか言いながらジャンパーのポケットからビスコとかタバゴボーロとか出してあげてた。

陰で「誘拐犯」って呼ばれてたのを最近知った。

いたずらっこ

中1の時、学年中の靴箱の「田中」を「油虫」にして校長室に呼ばれた。

子供心

保育園ぐらいのころ婆ちゃん家で飼ってた犬が死んで、婆ちゃんがめちゃ落ち込んでた。

寂しいんだ慰めてあげようと、何を思ったか連日犬小屋で犬の真似をしていたら、御払いを受けさせられた。

応急救護

そういや今日教習所での応急救護のとき
心臓マッサージする人形が俺と同じユニクロの服きててきまずかった。

可哀想な旦那

よく行くファミマで主人と2人で買い物をしていたら、主人が小声で

「柔らかいナリ!柔らかいナリッ!」と必死でコロスケのマネをしていた。
「はぁ?何が柔らかいの?」と聞くのに「柔らかいナリ!」と何度もしつこいので、

「だから!何が柔らかいのか聞いてるのに!!
と大声を出してしまった。

コンビニが一瞬にして静まりかえり焦る私に半ベソで主人は「柔らかいナリ。」と商品を手渡した。


良く見ると「やわらか いなり寿司」と書いてあった。

正直な女の子

地元の小さい遊園地で、遊具の順番待ちの列に並びながら、
幼稚園に上がりたてぐらいの女の子とその父親

父「パパもママもねぇ、○○が世界で一番大事なんだよ」
娘「そうなのー?」
父「そうだよ。パパとママにとって○○より大事なものはないんだよ」

娘「ふーん、ありがとー、○○もパパとママ大好き」
父「ありがとう。じゃ、○○の一番大事なものもパパとママかな」


娘「ううん、ネギトロかなー」

罪深いなぞなぞ

公民館での光景
孫「おじいちゃんなぞなぞ~」
「パンはパンでも食べられないものはなんだっ」
爺「え~、フライパン?」
孫「ちがう」
爺「パンツ?」

孫「正解は昨日おじいちゃんが一口かじったパンでした~」

爺「・・・」

1 2 3 4