1. まとめトップ

Python開発環境

Pythonの開発環境(Python IDE)をまとめてみました。Windowsが主です。

更新日: 2018年07月20日

39 お気に入り 310883 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

はじめに

Pythonという言語を用いてプログラムを記述するにはテキストエディタ(メモ帳など)で十分対応可能ですが、インデントがよりやりやすくなるように各種エディタがあります。
また、開発環境としてデバッグ実行などができるように配慮された統合開発環境も存在しています。
当方はWindowsで開発をしているのでWindows寄りの紹介となります。

IDLE

Python標準のエディタとなります。
使い勝手はあまり良くはありませんが、軽量なのでお試し程度では良いかもしれません。

IDLE は tkinter GUI ツールキットをつかって作られた Python IDE です。

ハイライト・自動補完・自動インデントなどを備えたマルチウィンドウのテキストエディタ
ステップ実行・ブレークポイントの指定・コールスタックの可視化を備えた統合デバッガ

PyScripter

Python用のIDEです。
オープンソースのWindows用開発環境です。
最近は更新がないのが残念です。
最新のPythonでは動作しないかもしれません。

2015年に一度更新が入っていますのでもしかすると改善しているかもしれません。

初心者にも使い勝手が良さそうな「PyScripter」という開発環境がありましたので、早速、試してみました。

ここにはインストールから簡単な使い方まで記述があります。

あまり情報がありません。使い勝手などはわかりません。

Atom

Atom(アトム)は、GitHubが開発したオープンソースのテキストエディタである。

Python packages, variables, methods and functions with their arguments autocompletion in Atom powered by your choice of Jedi or Kite.

An Atom package for an IDE-like Python debugging experience.

デバッガーも完備です。

結構使われている感のあるエディタなので、一度は使ってみると良いかもしれない。

(2018/4/26)
インストールして使ってみたのですが、VisualStudioCodeに慣れているとデバッグはしにくいですね。PyCharmのように軽快でもないですし。

PyCharm

有償のIDE(統合開発環境)です。
最近は無償のオープンソース版もあるようです。(Apache 2 license)
無償版は機能が削られている感があるのですが、IDLEよりは使いやすいのではないかと思われます。
Windows、Mac OS X、Linuxに対応しているようです。

操作はかなり軽快です。
関数などの検索も高速に動作するので使用感は悪くありません。
関数の使用方法のコメントを記述しても呼び出す時にそれを表示させられなかった(やり方があるのかもしれないが)ので、JavaDocのような感じでできれば良かったです。VisualStudioでは表示されるんですよね。
日本語表記が対応できていないのも残念でした。

動作は間違いなく軽いので、おすすめではあるのですが上記の理由で主に使うIDEにはならない状態です。

無償のコミュニティエディション - 純粋なPythonコーディグや学習にぴったり

1 2 3