1. まとめトップ

Twitterで話題の意味がわかると面白い話【最新】

意味が分かると面白い話を集めました!

更新日: 2016年10月17日

25 お気に入り 899732 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kamitani0918さん

悪魔の憂鬱

悪魔が集まって何やら会議をしている。

A「年長者の意見しか通らないのに、私が意見する意味があるとは思えません。そう思いませんか、Bさん」

B「若造が我に意見しようなぞ1万年早いわ!ね、Cさん」

C「若造が我に意見を求めようなぞ、10万年早いわ!ね、Dさん」

D「悪魔に年齢って関係あるかなぁ?Aさん、どう思う?」

天涯孤独

A「君は子供がたくさんいるって本当かい?」

B「私も妻も天涯孤独の身で親戚もいないので、みんなで野球をするのが夢なんだ」

A「さすがに子供7人は多くないか?」

B「何を言ってるんだ?最低でも15人は必要だろう」

野球好きトニー

大の野球好きのトニーが80歳で死んだ。
葬儀の翌日、同じく野球好きの親友デビッドの枕元にトニーが現れて言った。

「デビッド、良いニュースと悪いニュースがあるぜ」
「トニー!君なのか?」

デビッドは親友との再会を喜び、言葉を続けた。

「で、良いニュースって何だ?」
「聞いて驚くなよ。天国でも野球が盛んに行われているんだ。俺も1つのチームに入ったんだぜ」
「そりゃすごい!で、悪いニュースは?」
「明後日の先発は君だ」

エコカー

ある画期的な自動車が開発された。なんと燃費が10分の1となった。
開発者が言うには、少しでも温暖効果ガスの排出を減らしたいので開発に着手したという。

その結果、自動車の実働台数が従来の10倍を超えた。

キーホルダー

A男とB子は車でドライブに出かけた。

A「さて、もうそろそろ着くぞ。そう言えば、また、バッグのキーホルダー買ったの?」
B「カワイイの見つけると、つい買っちゃうんだ」

A「そんなにいっぱい付けて、重くないの?」
B「全然平気。そう言えば、お気に入りのがちょっと壊れ気味で、すぐ落ちちゃうんだ。失くすと困るから、車に置いといてもいい?」

A「いいんじゃね。そうだ、車のキーに付いているやつも置いておこうかな? 最近、よく落とすんだよ」
B「うん、それがいいよ」

A「こういう時に限って、なかなかキーホルダーが外れないな。面倒だからキーごと置いておこう」
B「うん、鍵かけておけば、誰も車に入れないから安心だよね」

犬と猫

A「犬と猫どっちが好き?」
B「そりゃあ、犬だろう」
A「なんで?」
B「猫じゃホットドッグにならないだろう」

不幸中の幸い

遠い未来の話。
事故で重傷を負った人が病院に運ばれた。
応急処置の結果、なんとか話せるまでにはなった。

医者「Aさん、あなたは重傷を負ったので色々な臓器の移植を行わなければ、近いうちに死に至ります」

A「そんな・・・。無謀な運転に巻き込まれただけなのに・・・」

医者「不幸中の幸いでしたね。今、頭部だけ損傷が酷く手の施しようのない患者さんがいて、必要な移植が可能です。他人でも免疫抑制剤を使えば高確率で移植が成功します」

A「そんな偶然もあるんですね」

ヒーロー

悩めるヒーローがカウンセリングを受けている。

ヒーロー「先生、私はどうしたらいいのか、わかりません」
医師「一体、どうしたのかね?」

ヒーロー「もうすぐ、世界で最後の悪の組織が壊滅できそうなのです」
医師「いいことではないですか。何が問題なのですか?」

ヒーロー「私の目標は生涯現役なのです

フリーのエージェント

俺は何でも請け負うフリーのエージェントだ。
破壊活動なら右に出る者はいない。

漂う負のオーラがそうさせるのだろうか。
客が満員のカフェであっても、俺が普通にコーヒーを飲んでいるだけで人が遠ざかっていく。

しかし、潜入ミッションは苦手だ。
なぜか潜入した途端に騒ぎが起きてしまうのだ。

服装、言語、振る舞い等、全て問題ないはずなのだが。
潜入ミッションを依頼してきた客も、俺に会うなり、鼻を押さえ出し、破壊活動に依頼を変更してしまう。
一体何が悪いのだろうか。

愚痴なんて言うな

50代の男性Aと友人Bが会話をしている。

A「俺の部下に愚痴ばかり言うやつがいるんだよ」
B「へー」

A「だから、そいつに言ってやったんだ。愚痴なんて言ってても、現状が改善されるわけじゃないし、愚痴ばかり言う人間の言うことを聞いてくれるやつなんていない。そんな暇あるなら、仕事しろってさ」
B「なるほど」

A「言ってもしょうがない愚痴なんて言うなって思わないか?」
B「全く同感だ」

願い事を言ってみろ

1 2 3 4