1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

普通の子ほど要注意?気づいたら臨月…小学生の妊娠・出産のリアル

小学生の望まない妊娠を未然に防ぐために、大人にはどんなことができるのだろうか?

更新日: 2014年11月29日

303 お気に入り 3232702 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mizu_tamaさん

衝撃的だったドラマ「14才の母」

2006年、日本テレビ系列の「水曜ドラマ」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。
主演は志田未来。

私立中学校2年生の一ノ瀬未希は、14歳の幼さにして、恋人との子供が出来てしまう

産む決心をするが、信じられないほどの困難が待ち受けていた

近頃の中学生は怖い( º﹃º ) ほんまに14才の母やな

中学生で妊娠というだけで、衝撃なのに、
なんと、いまや、恋愛の低学年化が進んでる??

彼氏彼女持ちが、今や小6のクラスに4人はいるらしい

40人クラスで「付き合っていない子は2人」という女子中学生や、小学校高学年の4人に1人が付き合っている

小学生の恋愛って微笑ましい?・・・しかし、おそろしい現実が一方であることも無視できない

内訳を見ると小学生だけでも7件ある

女子小学生・女子中学生が妊娠した理由をまとめたものです。その衝撃的な理由にネット中が騒然としています

子どものなかでは性的な興味よりも寂しさ??

臨床心理士でスクールカウンセラーなどを30年以上務めてきた福谷徹さんは、著書の中で性行為に及んだ小学6年生の事例を書いた

【事例】保育園のときからの幼なじみ。ともに共働きで親が忙しいから、小さいときからよく預け合いをしてきた

女の子が男の子の家にいつもいる。でも、男の子の祖父母はまったく気づかなかった

親は叱る前にもう一度親子関係を見直したほうがいい

そばに大人はいるけれど、実は子どもの本当の姿が見えていない。エアポケットのような環境

子どものなかでは性的な興味よりも寂しさが先行していたのかもしれない

「どちらも成績や学校での態度になんら問題はなかった。誰にでも起こりうると、大人は考えてほしい」

問題のない普通の子どもほど、気をつけて目を配った方がいい

若年層の妊娠といえば、出会い系サイトだとか非行に走った少女だけだろうと大人は想像するようだが、実は違う

友達や親にSOSを出して連れてきてもらえるが、逆にごく普通の家庭、親もきちんとした職業で、これまで何事もなくすくすくと育ってきた子ほど自分で抱え込む

いい子ほど、親に心配をかけまいと、一人で問題を抱え込んでしまう…?

1 2