1. まとめトップ

あなたは知っていますか?MRI検査に必要な費用

これからMRI検査を受ける方は勿論、まだMRI検査をした事がない方も一読してみて下さい。MRIがどんな検査で、どのくらいの値段なのかまとめました。

更新日: 2015年01月06日

17 お気に入り 930884 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆そもそもMRIって何?

MRI(Magnetic Resonanse Imaging;磁気共鳴画像)検査とは、X線撮影やCTのようにX線を使うことなく、その代わりに強い磁石と電波を使い体内の状態を断面像として描写する検査

MRIの原理は、まず強い磁気の中で、患者さんに外から電波を体に加えます。これにより、体内の水素原子が共鳴し、共鳴した水素原子から微弱な電波が発生します。

MR装置はこの微弱な電波を受信してコンピュータにより画像化する装置です。

・MRI検査は、『強い磁石』を用いて、『強い磁気の中で』行われる。つまり、MRIの性能は装置に使われる磁石の力に左右される。

◆MRIの性能を表す磁石の単位「テスラ」

現在臨床で使用されているMRI検査機器は、0.2テスラから3.0テスラまで

数値が大きいほど、短い検査時間で質の高い画像を描出することが出来ます

・このテスラという数値によって、病院に支払う金額が変わる。

◆MRI検査の診療報酬点数

・病院で行われる検査の費用は、診療報酬点数で定められている。2014年現在、単純MRI検査の診療報酬点数は以下の通り。1点=10円で計算される。

3テスラ以上の機器による場合 → 1600点
1.5テスラ以上3テスラ未満の機器による 場合 → 1300点
それ以外の機器による場合 → 920点

・造影MRI検査の場合は250点加算、心臓MRI検査については300点加算。施設の設備環境によっては、画像診断管理加算(70点もしくは180点)もある。

◆健康保険加入者の負担費用

・健康保険加入者やその扶養者は、上記の診療保険点数から計算された検査費用のうち、年齢や収入額に応じた一時負担金を支払う。

小学校入学前 2割
小学校入学以後70歳未満 3割
70歳以上 2割(現役並み所得者は3割)

※健康診断や人間ドックでMRI検査を行う場合は、保険適用外で全額負担

◆例えば、一般的な会社員(三割負担)が単純MRI検査(1.5テスラ)を受けた場合

費用の目安(3割負担の場合、診察料含む)

MRI検査・・・約7,000円

※これはあくまで一例

・初診料、もしくは再診料等を加え、おおよそ6,000円〜8,000円が平均的な金額。しかし、先に記した通り、検査内容や病院設備等によって金額は変動する。正確な金額が知りたい場合は、必ず検査前に病院で確認すること。

1