1. まとめトップ

現代人が地球規模で『おバカ』になってる

心理学者による研究で、現代人の知能指数が下がっていることが発表されました。我々日本人は昔と比べてどうなのでしょうか。地球規模の問題としていろいろ調べてみました。

更新日: 2018年07月25日

14 お気に入り 26874 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

radiconさん

現代は『おバカ』の時代!?

アムステルダム大学の心理学者、ジャン・テ・ナイジェヌス教授が昨年に発表した論文は世の「進歩的」な人々に大きなショックを与えるものであった。ナイジェヌス教授の研究によれば、現代人はヴィクトリア朝の時代よりも知能指数が14ポイント低下しているというのだ。

イギリスでヴィクトリア女王が在位したのは1837年から1901年で、日本でいえば江戸時代後期から明治時代後期である。

この知能低下を招いた大きな理由のひとつとして、ナイジェヌス教授は現代に近づけば近づくほど、聡明な女性の生涯出産数が下がる傾向にあることを指摘している。つまり聡明な母親のもとで育てられる子供が減っていることが、社会全体の知能指数を下げていると考えられているのだ。

本当に聡明な女性の出産率は下がっているのでしょうか。
調べてみると、どうやら日本だけでなく世界的に問題になっているようです。

【世界的な問題】

・アメリカ

アメリカの疾病対策予防センター(CDC)が先月発表した最新の統計から、アメリカ人女性の出産年齢がますます高くなっていることが判明した。今回の調査期間である1990年から2008年にかけて、20代前半での妊娠件数が約18%減少したのに対して、30代後半の妊娠件数は38%、40代前半では約65%も上昇している。

ニューヨークタイムズの記事によると、こうした結果は、20代の女性がキャリアを重視し、結婚や妊娠を先延ばしにする傾向があることに加えて、将来の妊娠・出産に備えて卵子凍結に“投資”する女性が増えているからだそうだ。高学歴の女性ほど、出産年齢が高くなるとも分析している。

・フランス

何のディプロムも持たない女性が初めて出産する年齢が平均25歳であるのに比べ、高学歴の女性は、平均30歳以上。また、前者は生涯で平均2.5人の子供を産むのに対し、後者は1.8人。高学歴女性に比べ、ディプロムをあまり持たない女性は早くに結婚、出産をし、離婚して、新たに子供を産む確率が高いという結果も。

「ディプロム」はフランス語で資格や学歴のこと。フランスでも聡明な女性の生涯出産数は下がっています。

・ドイツ

現在ドイツで出産率を下げているのは高学歴の女性たち。つまり収入の比較的多い女性といえるが、こうした女性たちを援助し、出産しやすい環境を与えることが、国内出産率低下抑止への大きなポイントとなる。

どうやら「先進国」と呼ばれる国の中でも、高学歴女性の出産率低下が問題になっているようです。先進国の中でも問題になっているということは、地球規模で人類『おバカ』化が進行しているとも言えます。

・日本

学歴という観点からは、女性の学歴が高くなるほど合計特殊出生率は減少し、かつ学歴による合計特殊出生率の差は年々拡大しています。

もちろん日本も例外ではありません。

ここまでは現代の状況を見てきましたが、「そもそも昔の日本人はどのくらい頭が良かったのか」ということが気になります。実は昔の日本人ってかなり頭が良かったんです!

■算額

算額(さんがく)とは、江戸時代の日本で、額や絵馬に数学の問題や解法を記して、神社や仏閣に奉納したものである。

天和3年(1683)仲夏 村山庄兵衛吉重 奉納
現存最古の算額であるが,昭和50年の火災により焼焦し,判読不能になる
昭和58年 新村健吉 復元
http://www.wasan.earth.linkclub.com/totigi/hosinomiya.html

算額は、和算において、数学の問題が解けたことを神仏に感謝し、ますます勉学に励むことを祈念して奉納されたと言われる。やがて、人びとの集まる神社仏閣を数学の問題の発表の場として、難問や、問題だけを書いて解答を付けずに奉納するものも現れ、それを見て解答や想定される問題を再び算額にして奉納することも行われた。

昔の日本人は、庶民が難しい数学問題を解きあっていたことがわかります。それもかなり難しい問題を解いていました。たしかに『つるかめ算』などは、庶民や子どもでも親しみやすいような名前をしています。

このような算額奉納の習慣は世界中をみても他に類例がなく、日本独特の文化といわれる。その一部は重要文化財や民俗文化財に指定されている。

解いている問題がえげつない。

そもそもすごいのが『和算』そのものです。当時はアラビア数字が無いため、漢字で全て計算していました。

江戸の関孝和や京都の田中由真(たなか よしざね)らが相次いで傍書法・演段術、つまり文字式による筆算の計算法と、それによって編み出された多元連立方程式の解決法を創出した。

他にも円周率を11桁まで求めていたり、微分や積分を漢字で行っていたりと、昔の日本人は数学の怪物とも思えるほど頭がいいです。

自分の子供やこれからの世代に優秀な人が生まれるように、まずは自分から知識をあげたり頭を良くしていきたいですね。

1