1. まとめトップ

メンタリストDaiGoが教える、自分が変わるためのたった1つの方法

自分がこれが嫌だとか、自分の思ってる事が言えなかったり、でもそこで、行動を起こしたことによって、周りの見る目が変わったんですよ。目立たないように目立たないように小さくなってきてた自分が初めて行動を起こした事によって、自分の身の回りの見方がこんなに変わるんだ、ということを学んだんです。

更新日: 2017年01月20日

juju0110さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
101 お気に入り 138073 view
お気に入り追加

自分が変わるには、自分の嫌な部分を全部逆にすることです。

とある、DaiGoが出演したメンタリストパフォーマンスのテレビ番組。

ギャルっぽい女性をイメージと全く違うホメ方をしたことについて、
スタジオのヤンキーが一言。

「それって詐欺師じゃん」

それに対してDaiGoは、

『そうなんです、メンタリストは元々出身は詐欺師です。』

「ウソまで付いてホメてそこまでして自分の物にしたいと思うわけですか?」

『最初に相手の心を掴んで行く所がメンタリストとしてはすごく大事』

実は僕はすごいいじめられっ子でした。

なんで心の読み方を教えているかというと、
相手の心に対して普通の人は自分でぶつかって行けるから良い

ただ、そうじゃない人もいるんです。

コミュニケーションの方法が分からない。
友達って何なのか分からない。

相手の心が見えない 怖い。
そういう人たちもいます。

なんで僕がこういう技術を学んでしまったかというと、
実は僕はすごいいじめられっ子でした。

小学校1年生からずっといじめを受けていた。

トイレに入っていると、水をかけられる。

上履きに画びょうを入れられ、知らずに履いてケガをしたり。

そんないじめが8年間続いたある日、 DaiGoに転機が訪れる。

生まれて初めてやり返したんですよ、いじめっ子に。

本当はテレビで言うとマズいんですけど、
そのいじめっ子に対して、ナタを投げました。

工作室でやり返しちゃったんです。

で、当たらなかったんです。

でも、そこからすごい大事な事を学んだんです。

相手の心の操り方、心を動かす方法。

ナタを投げて当たらなかったんですけど、
周りの見る目が変わったんですよ。

つまりそれまでは、
自分がこれが嫌だとか、自分の思ってる事が言えなかったり、
でもそこで、行動を起こしたことによって、
周りの見る目が変わったんですよ。

どう変わったかというと、

「あいつあぶねー」
「あいつ怒らせると何するかわかんねー」

そこで出演者のヤンキーの一人が、

「それたまたま、環境じゃないっすか。
他の環境で同じようなことがあったとしたら、
逆上して”おまえなにやってんだよ”って
もっとひどいいじめにあう可能性もあるわけじゃないですか。」

そうですね。

一か八かの賭けですよね。

賭けでした。
ただ、その賭けは大きい賭けでした。

それで、僕が学んだのは、
やり返してみんなから見直されたんじゃないんです。

違うんです。

行動して自分の身の回りが変る事を初めて知ったんです。

つまりそれまで、
目立たないように目立たないように小さくなってきてた自分が
初めて行動を起こした事によって、
自分の身の回りの見方がこんなに変わるんだ、
ということを学んだんです。

それから、今までの自分を全部変えていったんです。

こういう風に紙を半分に折って、
左側に今までの自分を書くんです。

・太ってる
・メガネ
・成績は下から3番目

全部書くわけです。
自分の嫌な部分を全部書くんです。

それを、全部逆にしたんです。

逆を折った紙の右側に書く。

・メガネの逆は、コンタクト。
・太っているの逆は、やせている。
・下から3番目逆は、トップ3

絶対達成してやろうと。

自分で行動すれば、周りの目線は絶対変わるはずだと思って、
行動していったわけです。

こうして自分を変えられることが分かったDaiGoが伝えたかった事。

コミュニケーションが上手い人は、
相手が考えてる事を上手に読み取って、空気を読んで、
相手が望むことをやります。

メンタリストも同じです。

相手の心理を読み取って、
相手がこうなったら良いなという方向に
上手く誘導していくという方法。

基本的にはコミュニケーション能力を鍛える方法です。

日本の経営コンサルタント、大前研一さんの自分が変わる方法

人間が変わる方法は3つしかない。

ひとつ目は時間配分を変えること。
ふたつ目は住む場所を変えること。
みっつ目は付き合う人を変えること。

DaiGoのことをもっと知りたい方は

1 2