1. まとめトップ

え?これ関係あるの?・・・あまり知られていない太りやすい体質をつくる4つの生活習慣

食事制限や運動をしていてもなかなか体重が落ちない…そんな経験はありませんか?実はこんなことも太りやすい体質をつくる原因になっているんです。

更新日: 2016年06月03日

ossu_ora_zenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
23 お気に入り 44149 view
お気に入り追加

1.こまめに手洗いをしない

なんで手洗いがメタボと関係あるの?
と思うかもしれませんが、これが大アリなんです!

手に付いているウイルスが、肥満の原因の1つになる

このウイルスはアデノウイルスといい、呼吸器系に炎症を起こしたり
目の感染症の原因になったりします。

そしてこのウイルスが体内に入り込むと、幹細胞を脂肪細胞に変えてしまうというのです。
体に入れたくはありませんよね。それを防ぐには、常に手洗いを忘れないことが1番重要です。

2.虫歯がある

ダイエット中の食事の基本はよく噛むこと。
虫歯があると噛む回数が減ってなかなか満腹感を
味わえなかったり、消化を助ける酵素の分泌量が
少なくなったりと良いことナシ!

柔らかくて美味しい物は、主成分が「脂質」であることが多い

ものをよく噛めないから柔らかい物になりがち。早めに直して硬い物を食べよう。
原料は少し大きめに切ってたくさん噛めるようにする。
そうすると、たくさん噛むので満腹中枢が刺激される。
とうぜん、食べ過ぎを防げますね。

3.野菜やフルーツを洗わず食べる

アメリカの環境衛生局が2012年に行った調査の
結果では、野菜やフルーツに使われている農薬は、
メタボリック症候群や肥満の原因の1つになって
いるといいます。

農薬は体に入ると脂肪細胞の中に入って炎症を起こし、代謝機能に影響を及ぼし、それが肥満につながる

できれば無農薬の野菜やフルーツを選ぶようにしましょう。
また、痛んだところには、農薬が入り込んでいる可能性があるので、
必ず取り除いてから食べてくださいね。

4.太った友達といる

残念な話ですが、ダイエット中は痩せている友人と一緒にいた方が良いかもしれません。

太った友達といると171%の確率で太りやすくなる

痩せたかったら、スリムな友達を作る事。
そして、スリムな友達の生活習慣をマネること!

関連リンク

1





日常で気になったコト・モノまとめてます。