この医師による手術の後、死亡した患者は、合わせて30人に上ります。

被害対策弁護団が群馬県高崎市で開いた記者会見で、病院側の調査として明らかにした。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【群馬大学病院】腹腔鏡手術後8人死亡、事故発生の問題点まとめ ~肝臓がん切除手術との因果関係

同じ医師が執刀した腹腔鏡手術後に8人が死亡する事故が群馬大病院でありました。肝臓がんの部分切除を担当医が単独の判断で行うなど、、本来するべきことが行われていなかったとも報道されています。単なる過失とも言えない問題点があるようです。

このまとめを見る