1. まとめトップ

【年末調整】会社勤めの人の生命保険料控除の書き方

サラリーマンが年末調整で提出する「給与所得者の保険料控除申告書」のうち、生命保険料控除の書き方についてまとめました。とっつきにくいですが、理解すれば意外にかんたんなことです。

更新日: 2014年11月15日

30 お気に入り 96867 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

spk848さん

生命保険料控除とは

生命保険料控除とは、支払った保険料に応じて決められた金額が1年間の所得から差し引かれ、結果として所得税や住民税が減額されることを言います。

今回関係有るのは1の赤い所

自分が払ってる保険は大丈夫なの?

対象となるのは、保険金受取人が年末調整を受ける本人もしくは本人の配偶者、またはその他の親族(6親等内以内の血族と3親等以内の婚族)である生命保険

生命保険料控除証明書 の準備

10月頃に保険会社から送られてきている「生命保険料控除証明書」が必要です。

この証明書は「一般用」、「介護医療用」、「個人年金用」があります。

さっそく左上から順番に書いていく

「保険会社等の名称」
契約している生命保険会社の名称を記入ください。
「保険等の種類」
証明書の「年金種類または保険種類」を転記
「保険期間又は年金支払期間」
証明書の「(主契約)保険期間または年金支払期間」を転記
「保険等の契約者の氏名」
ご契約者を転記
「保険金等の受取人(氏名・あなたとの続柄)」
保険金受取人を記入
保険金受取人と契約者との続柄を記入

新旧の区分って

証明書に分かりやすく「新or旧」って書いてあるからわかるはず

新契約は平成24年1月1日以降に加入した保険、旧契約は平成23年12月31日までに加入した保険

*あなたが本年中に支払った保険料等の金額(分配を受けた剰余金等の控除後の金額)

証明書の「申告額」を本年中に支払った保険料(a)の欄に転記ください。

計算式とはなんぞや

表の下に書いてあるで。Ⅰ(新)とⅡ(旧)がある

あとは指示どおり記入してくだけ。一番下の合計を書くとこも忘れるなよ

控除の上限に気をつけろ!

3種類の控除の対象になるのはそれぞれ最高4万円、合計12万円(平成23年12月31日までに加入した旧契約は一般5万円、個人年金5万円の合計10万円)まで

わかりやすいまとめ

1