アブラナ科の野菜をたくさん食べるほど、乳がん患者の生存期間が長かったとのこと。

研究チームでは、4886人の乳がん生存者を追跡調査。その結果、アブラナ科野菜が乳がんによる死亡率、再発と関係があることがわかったそうです。調査の結果、乳がん生存者の中で白菜、キャベツ、チンゲン菜、ブロッコリー、カリフラワーなど、アブラナ科野菜の一日の平均摂取量が多い生存者上位25%は、下位25%に比べて、乳がんによる死亡リスクが62%、乳がんの再発リスクが35%低いことが明らかになったとのこと。

出典実はアブラナ科、白菜の栄養価 ガン予防に最も効果的な「イソチオシアネート」が含まれる優秀野菜! | セルフドクターニュース

前へ 次へ