1. まとめトップ

【超絶かっこいい!】バイクカスタムのまとめ【カフェレーサー篇】

バイクの楽しみの一つカスタム!私もカスタムしたいけど方向性が決まらない・・・そんなあなたに、クラシカルでレーシーなカフェレーサーをご紹介します!

更新日: 2018年10月17日

52 お気に入り 846225 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

KKK.Tripleさん

カフェレーサーって何?

カフェレーサー - Wikipedia

カフェレーサー(Cafe Racer)とはオートバイの改造思想、手法の一つである。イギリスのロッカーズ達が行きつけのカフェで、自分のオートバイを自慢し、公道でレースをするために「速く、カッコ良く」との趣旨で改造したことに端を発するとされる。

改造スタイルとしてのカフェレーサーの特徴は、快適性や利便性を切り捨てて速度や旋回性能を追求した、当時のグランプリロードレース車両を模倣したものである。燃料タンクは細長く小さな物が用いられる。シートは車体後方寄りに配置された一人乗りの物が用いられ、シートの後方には丸い盛り上がりが付けられる。ハンドルバーには低くて幅が狭い、セパレートハンドル(英: clip-ons)やコンチネンタルハンドル(英: clubmans, ace bars))が用いられる。コンチネンタルハンドルは左右一体であるが1960年代当時の標準的なオートバイに比べると低く、やや前方にグリップが配置される形式のハンドルバーである。これらによって乗員は上体を伏せて乗車することができ、空気抵抗が少なく車体をコントロールしやすい姿勢で乗車できる。伏せた姿勢でも下肢が楽なように、ステップを後方に移動させたバックステップが付けられる場合や、1960年代のレース車両に用いられたカウルに見られる特徴を備えた形状のハーフカウル(日本ではロケットカウルやビキニカウルと呼ばれる)やフルカウルが取り付けられる場合もある。

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

カフェレーサーに使用されるパーツ

セパレートハンドル

通称「セパハン」乗車姿勢を前傾姿勢にして前面投影面積を小さくし、空気抵抗を減らすことができます
その他にコンチネンタルハンドルやスワローハンドルの逆付けをしている車両もよく見かけます

バックステップ

ハンドルを低くし前傾姿勢になると元々のステップでは窮屈な乗車姿勢になることが多いため、その対策として用います
また大抵のバックステップはステップの高さも上がるため、バンクした際にステップを摺りづらくなります

シングルシート

カフェレーサーのシングルシートには主にクラシカルな丸い盛上がりのあるものが使用されます。

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

魅惑的なカフェレーサーの世界!

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

メーカー別 カフェレーサーカスタム!

TRIUMPH トライアンフ

Triumph BONNEVILLE T100のカフェレーサー

Triumph T100 cafe

本当に素晴らしい完成度です!
写真下の出典からもっと詳しい写真が見れます!

赤のフレームがオシャレ
スラクストンは純正でカフェ仕様です

triumph thruxton cafe racer

Daytona Super 3のカフェ
なんてスパルタン!もはや原型がありませんね笑

1 2 3 4 5 6 7 8 9