1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

軽い運動を習慣的に行うと、アルツハイマー病や認知症の発症を予防できる可能性があることが、米ボストン大学医学部のNicole Spartano氏らの研究で明らかになった。

身体活動ガイドラインで推奨される週150分の強めの運動を行わなくても、軽い運動を1時間行うごとに脳年齢が1歳ほど若返ることが示されたという。この研究結果は「JAMA Network Open」4月19日オンライン版に発表された。

この研究は、米マサチューセッツ州フラミンガムの住民を対象とした「フラミンガム心臓研究」に参加した成人2,354人を対象としたもの。

活動量計を用いて参加者の身体活動量を測定し、脳MRIで評価した脳容積との関連を調べた。参加者の平均年齢は53歳で、約54%は女性だった。

2018年の米国の身体活動ガイドラインでは、健康を保つためには中強度~高強度の身体活動を週に150分以上行うことが推奨されている。

認知症の予防についてイギリスやアメリカなどの研究グループが新たな分析結果をまとめ、認知症になった人のおよそ3分の1は、耳の機能、聴力を維持することや、たばこを吸わないことなどによって予防できたとして各国で対策を強化するよう呼びかけています。
イギリスやアメリカなどの認知症の専門家24人で作る研究グループは、生活習慣の改善や治療によって予防がどれだけ可能か、多くの研究を分析しまとめた結果を20日、医学雑誌ランセットに発表しました。

この中で、研究グループは、脳の認知機能の発達や維持に関わる要因を人生の時期ごとに分析しており、15歳を超える年齢まで教育を受けていれば8%の人が認知症を予防できたとしています。

また、中年期には耳の機能、聴力を維持すれば9%、高齢になって以降ではたばこを吸わないと5%、社会からの孤立を防ぐことができれば2%の人がそれぞれ予防できたと言うことです。こうした要因は合わせて9つあり、すべて取り除くことで、35%の人は認知症の予防が可能だとしていて、予防できない場合でも発症を遅らせることができるとしています。

認知症の人は、おととしの時点で世界に4700万人いて、発展途上国を中心に増加し、2050年には1億3000万人になると推定されています。研究グループの代表は「若い時期からリスク要因を減らすことで、認知症になる人を減らすことができる」として、各国で対策を強化するよう呼びかけています

あごを動かすための筋肉のひとつ「咀嚼(そしゃく)筋」を動かします。咀嚼筋には「側頭筋」という筋肉も含まれています。この側頭筋が動くと、「脳幹網様体」が刺激されます。

脳幹網様体が活性化することで、「大脳皮質」も活性化し、脳に良い刺激が送られます。それが認知症予防になるのです。

脳幹網様体とは:
脳内の神経細胞と神経繊維が集まっている部分で、網目状になっています。脳幹網様体が刺激されることで、認知や記憶の活動を担っている大脳皮質へと刺激が届きます。

咀嚼(そしゃく)と脳の研究所のいくつかの研究テーマの中から、咀嚼によるメタボ対策­について、5分程度で分かりやすくご紹介しています。(DVD「咀嚼~科学で解明する­噛む健康法~」より抜粋)

肥満を防ぐ・・・
味覚の発達・・・
言葉の発音がはっきり・・・
脳の発達・・・
歯の病気を防ぐ・・・
がんを防ぐ・・・
胃腸の働きを促進する・・・
全身の体力向上と全力投球

「よく噛む」と認知症予防につながります
「食べ物を何度もちゃんと噛んで食べる」

食事のときに意識していただきたい「食事法」です。”噛む”というのは、”脳”にも影響があるのです。よく噛んで食事をすると「あご」をよく動かすことになります。あごを動かすことで脳の血流が増すのです。脳の血管の中、その中の血流の流れを良くすることができます。

血管の中にドロドロの血液が溜まると「脳梗塞」を起こし、「脳血管性認知症」の元となっていきます。

よく噛んで食べることで、認知症予防になるのです。

歯で食べ物を噛む(咀嚼)することで、あごを動かすための筋肉のひとつ「咀嚼(そしゃく)筋」を動かします。咀嚼筋には「側頭筋」という筋肉も含まれています。この側頭筋が動くと、「脳幹網様体」が刺激されます。

1