1. まとめトップ

まんが日本昔ばなしを1000話以上見た俺が怖い話TOP10を発表します【op2ch】

まんが日本昔ばなし・怖い話・吉作落とし・十六人谷・飯降山・三本枝のかみそり狐・火ともし山・佐吉舟・牛鬼淵・ホラー・2ちゃんねるまとめ・3分でわかる・2ch・ネットで話題・心にグッとくる話・恋愛・恋愛心理・雑学・ためになる・あるある・ネタ・情報・豆知識・人生・泣ける・びっくり・恋愛話

更新日: 2017年04月21日

siitakepanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 9350 view
お気に入り追加

元スレ

基本的に有名な話はスルー
トラウマの可能性もありますので閲覧は自己責任でお願いします

その1

【第10位】
夜中のおとむらい
http://urx.nu/eaC8

ある日1人の侍が葬式行列を目撃する
誰の葬式か尋ねてみるとなんと自分の名前を告げられる
あわてて家に帰った先に待ち受ける侍の運命とは!?

よなかのおとむらい
夜中のおとむらい

自分の弔いと聞いて驚いた宇平が慌てて家に駆け戻ると、家人は一人もおらず、家の前には送り火を焚いた跡が残っていた。
途方に暮れた宇平が城の堀端までさまよい歩いてくると、宇平の友人横山太左衛門が声をかけてきた。

その2

【第9位】
火ともし山
http://urx.nu/eaEr

女の執念とは恐ろしいもの‥
お互い好き合っていた男女であったが
だんだんエスカレートしていく女の行動に男は‥

ひともしやま
火ともし山

諏訪湖のほとりの村に恋人同士の男と女がいた。
二人はお互いに愛し合っていたが、男がやんごとなき理由で今住んでいる村から湖の向こう側に移り住まなくてはいけなくなった。

男は、移り住んだその日から夜になると山で火をともすようになった。
男に恋焦がれていた女は、我慢できなくなって火を目印に男の元に走りだした。

この寒い中、女が湖を泳いできたと言うことが男には信じられなかったし、もし本当にそうならこれは正気の沙汰ではないと思った。

あらすじは一部中略してあります

その3

【第8位】
佐吉舟
http://urx.nu/eaEt

1人の女を奪い合う漁師の太兵衛ェと佐吉ェ‥
仲の良い親友同士だった2人が次第に敵同士に
あるトラブルに乗じて太兵衛ェがとった恐ろしい行動とは!?

さきちぶね
佐吉舟

八丈島に太兵衛(たへえ)と佐吉(さきち)という二人の腕の良い漁師が住んでいた。

二人とも船主の娘、ヨネが好きになってしまった。勿論ヨネもこんな二人が好きだった。それを知った父親の船主が、こう言った「わしはどちらか稼ぎの多い方に嫁にやりたい」それからあれほど仲の良かった二人はまるで敵同士のようになり、魚の獲り合いを始めた。

ある波の静かな日、魚の重みと大波をかぶって佐吉の舟は沈んでしまった。
佐吉はお前の舟に乗せてくれと太兵衛に頼むと、ヨネを譲ってくれるなら乗せてやると言う。

その4

【第7位】
牛鬼
http://urx.nu/eaEA

牛鬼という化け物と侍のお話
赤さんを連れた女が現れ侍に魚をねだる
赤さんの食事シーンが気持ち悪さ最強クラス

うしおに
牛鬼

侍が夜釣りに出ると、その日は面白い位の入れ食いであった。
どっさり魚を釣ってほくほく顔の侍の前に、突然妖しい女が 赤子を抱えて現れ「赤子に喰わせるから釣った魚をくれ」と言う。女のただならぬ雰囲気に驚きつつも侍が求めに応じて釣った魚を差し出すと、赤子は生の魚を 頭からぼりぼりと、一尾残さず貪り喰ってしまった。

その5

【第6位】
牛鬼淵
http://urx.nu/eaGP

こちらも牛鬼という化け物のお話
ノコギリの32枚目の「鬼刃」
この鬼刃がないことが牛鬼にバレてしまうと‥

うしおにぶち
牛鬼淵

年寄りの木こりが「じゃがの、最後の32枚目の刃は鬼刃(おにば)といって鬼が出てきたら挽き殺すんじゃよ」と言うと、妙な男はどこかへ行ってしまいました。
翌晩も、同じ男がやってきて同じ質問をして帰っていきました。

翌朝、木こり達が大木を切っていると、固い節の部分に鬼歯が当たりボッキリと折れてしまいました。れた刃を修理するため、仕方なくふもとの村まで下りる事にしましたが、若い木こりは面倒くさがって一人で小屋で待つ事にしました。

その夜、また妙な男がやってきて同じ質問をしましたが、若い木こりは酒も入ってたせいか「鬼刃の修理に行っているんじゃ」と答えてしまいました。

その6

【第5位】
みちびき地蔵
http://urx.nu/eaEI

死ぬ人が前の日にお参りに来ると言われるみちびき地蔵
ある日浜の親子が目撃したもの‥それは
信じられないほど大勢の人や動物の亡霊だった‥一体明日なにが‥?

みちびきじぞう
みちびき地蔵

目前の岩の上に「みちびき地蔵」と呼ばれる地蔵が見えた。
この地蔵には「死ぬ人が前日にお参りに来る」という言い伝えがある事を母親は思い出していると、ちょうどそこへ村の婆さんがふわふわ浮かび上がりながら地蔵を拝み、空へ消えていく姿が見えた。

順番待ちで並んでいる人々を見ているうちに、母親はやけに大勢の人々がお参りに来ている事に気付く。
その次の日は、月の内一番潮が引く大潮の日だった。

1 2





ペット http://bit.ly/1EhKQGY 学校の話 http://bit.ly/1KuBjmz 話題の商品 http://bit.ly/1P1ef3t