「室温を上げすぎず、24時間連続暖房する」ことがポイントです。24時間連続暖房は無駄遣いにも思えますが、室温の温度ムラを小さく抑えることができる温水暖房システムの長所を生かし、生活に支障がでない範囲で室温を抑え、その温度をずっと維持する方が、省エネになるのです。

暖房を止めるとその分の燃料を節約できますが、再運転の時はいつもの室温よりも高くなるまで上げないと寒く感じるため、結果としては省エネにつながりません。これは、室温が快適温度に回復するまでの間に空気の大きな対流が起きるとともに、建物自体も温度が下がっているため、温度以上にヒンヤリと感じるからです。

出典セントラル暖房のちょっと気になるギモン Q&A集 | 千歳日成暖房(株)| 千歳市・恵庭市の住宅設備(ボイラー/暖房/給湯/水回り/換気)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

節約!セントラルヒーティングのパネルヒーター、効率的な使い方

使用方法がよくわかりにくセントラルヒーティング。電気料金や燃料費が上がるので、より効率的な使用に努めましょう。

このまとめを見る