暖房停止中に建物が冷えることでヒンヤリ感や、運転再開時には暖かい空気と冷えた空気が家の中で大きく対流を起こし、肌寒さを感じてしまいます。断熱レベルが高い住宅は特に、冬季間は連続暖房を行い、夜間は室温を下げてご使用される程度が理想と言えます。

また、湿度状況によっては、大きな温度低下は低温スペースで結露を発生させる危険もあります。ご使用されている地域や季節により異なりますが、室内の温度を出来るだけ均一に保つため、室内全空間を24時間暖房することをお勧めいたします。

出典セントラル暖房のちょっと気になるギモン Q&A集 | 千歳日成暖房(株)| 千歳市・恵庭市の住宅設備(ボイラー/暖房/給湯/水回り/換気)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

節約!セントラルヒーティングのパネルヒーター、効率的な使い方

使用方法がよくわかりにくセントラルヒーティング。電気料金や燃料費が上がるので、より効率的な使用に努めましょう。

このまとめを見る