1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「93歳 ブロガー」堀江幸子さんのブログがほっこりすぎる

「さっちゃんのお気楽ブログ2」というブログを運営している堀江幸子さん。ブログは80歳で始め、93歳の現在でも続けており、その内容はとってもほっこりする内容です。

更新日: 2014年11月17日

180 お気に入り 85739 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

musinoneさん

93歳のブロガーおばあちゃんをご存知ですか??

「さっちゃんのお気楽ブログ2」という
ブログを運営している。
ブログは80歳で始め、93歳の現在でも続けている。

「さっちゃんのお気楽ブログ2」
http://plaza.rakuten.co.jp/sacchan1029/

80歳の時、絵画教室の友人の勧めでパソコンを購入し、その4年後、日常の出来事などをつづった文章を自作の絵とともに紹介する「さっちゃんのお気楽ブログ」を始めた

2010年には「ブログの引っ越し」をするなど、ITスキルの高さもかなりのものです

そして93歳にして「童話デビュー」を果たした!!

ブログに掲載した物語などを収録した童話集「青蛙がえるのペキ」(飯塚書店、税別1200円)を出版し、童話作家としてデビューを果たした

童話集の出版は、昨年秋、ブログがテレビで紹介された際、今後の夢を尋ねられた堀江さんが「絵本を作りたい」と答えたのがきっかけ

文章もとってもおもしろい

出版元は「文章が巧みで、独特の面白さを感じさせる物語がそろっている」と称賛している

飯塚社長は「表題作は、死に対する独特の感性がうかがえる。他の物語も、豊富な人生経験が生んだ深みのある作品ばかりだ」と話す

ブログはなんだか、ほのぼのする内容

日々の雑感とともに、彼女の趣味である水彩画を1枚添えるのがお決まりのスタイル

素晴らしい四季折々の花や、寺院や橋のある風景などが
優しいタッチで描かれています

「毎日ブログを更新する理由は?」と、たずねられて、
「見に来てくれる人がいるから休むわけにはいかない」と、答えられています

中学校の英語教師だった堀江さん

昭和23年、中学の英語教師となりますが、父親の死後、病気がちの母親と幼い弟を抱え、一家を支えるため、ひとりで必死で働いてきました

終戦後英語塾に通った経験から、中学校教員に採用され、後に教員免許を取得。54歳で退職後は、さまざまな趣味に挑戦する第二の人生に

70歳から本格的に絵を習い、これまでに油絵の個展4回、ブログ原画展を3回開催

こんな文章が書かれている

まあいいや。たとえひとりになっても
元気でがんばろう。
あの世に行った人も、この世の人も
みんな元気にやろうぜ。おう おう おう!!!

さっちゃんの新しいお家は
西が広く開いていて
日当たりが良くて温かいよ
だが4階で静かだから
ポカポカ、しーんしーんとして
すぐ、ねむくなるんだよ。

想像する所、今夜は山の向こうで
御馳走がまっているのでしょう。
おひさまもいそいそとおうちへ
お帰りになられたのでしょう。

まだまだ、現役!!

1 2