出典 www.iciba.com

九尾(九喇嘛)

かつては雲隠れの里が手に入れようとして金銀兄弟が対決したが、失敗。やがて木ノ葉でのうちは一族に対する処遇に対して、不満を持ったうちはマダラが木ノ葉を抜けた際に野放しになっていた九尾を写輪眼で操り、木の葉への襲撃の際に、九尾を使い初代火影・柱間と終末の谷で激突した。しかし、柱間がマダラに勝利したことで、マダラのコントロール下から離れ、妻・うずまきミトに封印される。

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る