1. まとめトップ

癒しの文鳥!飼育してみない?【成鳥】

ふわふわ人懐こくてカワイイ文鳥。意外と簡単に飼えるんです!

更新日: 2015年08月06日

154 お気に入り 362668 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ok3さん

文鳥って知ってる?

・飼い主に良く懐き、飼い主の都合を考えます。

・月々のエサ代は100円。お金もかからず経済的。

・鳴き声は大きくないので騒音の心配なし!

・1日の世話はなんと10分!!

出典togech.jp

水浴び大好きなので羽は清潔。
ツヤふわ羽毛で手が天国に召されそう。

出典buncho.in

安心しきってやがる・・・・・・

文鳥は人間を見分け、呼びかけに反応します。

名前を付けて呼ぶと、どんなに遠くに居ても、
何をしていてもあなたの元へ飛んできます。

鳴き声も大きくないのでマンションでも飼えるかも

懐く鳥といえば文鳥。
小さく癒しのペットはいかが?

はぁ・・・・・・癒される・・・・・・

文鳥は一途な性格なので、あなただけのパートナーとなります。
その小さな体全てを使ってあなたを愛してくれるでしょう。

頭もよく、飼い主が落ち込んでいたり具合が悪かったりすると
そっと寄り添ってくれることも。

でも・・・・・・お高いんでしょう?

最初こそ、そこそこ必要になりますが、
月々の費用は100円程度。
エサやサプリにこだわっても500円行けば
いいほうじゃないでしょうか。

バイトをしてる学生さんなら
楽々手が届きますね♪

【初期費用】

・文鳥さん(約1000~3000円)
・エサ(約300円)
・水(水道水でOK・0円)
・ボレー粉(カルシウム補給・約500円)
・青菜(人間の余り物・人参、豆苗など・0円)
・ケージ(2000~5000円)
・水浴び器(どんぶりで代用可能・0円)
・暖房器具(冬に必要・暖房掛けてればOK)

大体5千円~1万円あれば飼育スタートできちゃいます。

文鳥さんのお家の一例

この方かなりこだわってます。

後は、必要に応じてエサやオモチャなどを追加購入するだけ♪

こだわりたい人は、栄養サプリメントやオモチャなどを試してみては?
無くても問題ありませんが、ブランコで遊ぶ文鳥さんも愛らしいものです。

ふう・・・・・・一息。


文鳥さんをお迎えするには、猫やカラスなどの
天敵の居ない安心できる環境(室内でOK)と、
冬に暖かくできる場所が必要です。
寒さには弱いので注意しましょう。

どうやってお迎えするの?

ケージや水浴び器など、
必要なものを揃えたらショップへ。

このとき、エサはまだ買わないで下さい。
エサはショップで与えられていた物と
同じものを与える必要があります。

さぁ、いよいよ文鳥さんをお迎えします。

いくつか店を回り、
ビビっときた子をお迎えしましょう。

店員さんに購入の意思を伝えれば
その場で文鳥をゲットできます。
用意するものは・・・お金とボールペンくらいです。

このとき、羽が汚れていない元気な子を選び、
ショップで与えていたエサ、飼育法、
病歴、性別、性格などを聞いておきましょう。
えさの購入も必要です。

シナモン、桜など。カラーはお好みで。
オスは比較的体が丈夫、メスは静かで優しい子が多いです。

出典buncho.in

カラーは

・桜(白黒)
・シナモン(茶色)
・シルバー(灰色)
・白

の4つをよく見かけます。

色による性格の違いなどはありません。

さぁ、気に入った子をお迎えしましょう。

お迎えした文鳥さんは、環境が変わってお疲れです。
初日はケージの中で静かにそっとしておいてあげましょう。

次の日から、声掛けや手からエサやりにチャレンジです。

文鳥の世話をしよう

文鳥の世話はとっても簡単。
慣れると5分ほどで出来ちゃいます。

朝7:00~ 飼い主の起床~朝の世話(約10分)

飼い主が起きて、エサ、水を換えます。


1、容器を洗って、エサは大さじ一杯半、水は水入れの7分目まで。
2、ボレー粉はひとつまみ(10粒ほど)エサに混ぜてしまいます。
3、あれば青菜を数枚クリップではさみます。

4、ついでに水浴び器も設置しておきます。
5、ケージにしいていた新聞紙も換えます。

好きな時間に放鳥~ 文鳥をケージの外で遊ばせよう(最低30分)

文鳥を運動させるため、仲良くなるために放鳥しましょう。
手乗りを維持したいなら最低30分は必要です。

ただし、文鳥はトイレのしつけが出来ないので、うんこの覚悟が必要です。

夜9:00~ 文鳥を寝かせよう

文鳥は野生では5時に寝ます。
飼い文鳥でも最低21時には寝かせましょう。

ケージになにか適当な布をかけて暗く静かにしてあげればOK。

イメージは掴めてきましたか?

飼育サイトや本でさらに詳しくなっちゃいましょう!
もふもふ生活はすぐそこです♪

1 2