筋肉が伸び縮みしない活動(アイソメトリック運動)は、腕立伏せで静止している時とか、ビルの壁を腕で押そうとしている時などがこの状態です。
このことからアイソメトリック・トレーニングというのは、筋を曲げたり伸ばしたりしないので、筋肉の長さを変えることなく張力を発揮する収縮方法でトレーニングする方法だと言えます。

出典アイソメトリックトレーニングとは

前へ 次へ