1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

99%以上の人が毛布の使い方を間違っていた!正しい方法とは?

"「毛布の正しい使い方」を紹介した画像がTwitterで話題になっていました。オムロンヘルスケアの記事でかかれていた正しい毛布の使い方。実践してみて、その効果にびっくり!自分もこの方法をしてみたけど、本当に違いすぎる!

更新日: 2016年12月29日

517 お気に入り 834219 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

happystar12さん

普通は布団の上に毛布を使うのが一般的

正しい毛布の使い方はこう

オムロンヘルスケアで画像付きの記事が掲載されていました。

「毛布の正しい使い方」を紹介した画像がTwitterで話題になっています。

毛布は掛け布団として使っている方が多いと思いますが、実は敷いた方が暖かくなります。

毛布は体の上から掛けるのではなく、体の下に敷く方が「あったか効果」が高いとのこと。な、なんだってえええええ!

なんと、自分も間違えてました。。。普通×の使い方ですよね?(違いますか?)

私も間違えてました。

Twitter民もびっくり

最高に寒い時は、敷布団×2、毛布、自分、毛布、掛布団、毛布で寝てる <えええええええ! 「毛布の正しい使い方」がTwitterで話題に 「目からウロコ」「44年間間違ってた」> nico.ms/nw1325073 #niconews

毛布の使い方間違ってたーーーーーー笑 えええええええ! 「毛布の正しい使い方」がTwitterで話題に 「目からウロコ」「44年間間違ってた」(ねとらぼ) - Y!ニュース

毛布の正しい使い方が広がってるけど、それが一般的じゃなかったことが衝撃的だったわ。これはミサワばりに知ってたわーて言える。 まぁ毛布のモフモフ感が好きだから毛布の上に掛け布団かけるやり方で寝るけど。

中には知っていた人もいるようです。正しい使い方を知っている方のつぶやきは100人に1人ぐらいでした。

オムロンヘルスケアの記事を要約すると

もっとも「あったか効果」が低いのは、体の上に直接毛布をかけてしまうこと。暖かい状態をつくるには、「羽毛布団を直接体に触れさせる」ことが不可欠なのです。

冬に入ってさらにあったか効果をパワーアップさせたいときは、毛布を「体の下に」敷くのがおすすめ。寝ている間に体から放出される熱を下から受け止めてくれるので、保温効果バッチリです。

それでも寒い場合は

とても寒い日は、掛け布団の上にもう1枚毛布を追加
毛布が「フタ」となり、布団から熱が逃げるのを防いでくれます。

実践してみた人たちの感想

おはようございます。昨日、毛布の正しい使い方が話題になっていて、その通りにやったらびっくりするくらい暖かかった(^∇^) みんなもやってみよう!

今日はちょっと前に見た「毛布の正しい敷き方」にならって、毛布を下にしいてその上で寝たらむちゃんこあったかくて幸せやった……。ふんすふんす!ツイッターさまさま

羽毛の掛け布団の上に毛布を掛けるのが正しい、と最近話題?になってるから試しにやってみたら全然違った めっちゃ暖かかった 今までの冬の夜は何だったんだ…

そういえば毛布の正しい使い方ってやつ、試したら本当に暖かかった!!!ぐっすり!おはよう!!

そういや、昨日正しい毛布の使い方で寝たら本当に暖かくて起きるの辛かったんご。

ただし、羽毛布団限定のようです。綿布団だと?

1 2