1. まとめトップ

激辛ラーメンを食べて冬の寒さを吹き飛ばそう♪【東京都内】

最近、激辛系、辛い系のラーメンが人気のようで。首都圏に激辛ラーメン、辛いラーメンを提供している店舗ってどれくらいあるのろうか?と思ったので、都内近郊で食べれる激辛ラーメン、番外編ではカレーをまとめました。

更新日: 2014年11月18日

12 お気に入り 3872 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

寒い冬に温まりたい!そんな時は激辛ラーメン!

寒~い冬に激辛ラーメンを食べて体を温めて冬を乗り切ろう!

激辛ラーメン!辛い!もはやつらい!そして痛い!でもクセになる!!病み付きになる激辛ラーメン!

まっかっか

主なメニューは、「まっかっか麺」(700円)、「まっかっかつけ麺」「まっかっかマゼ麺」(以上850円)の3種類。辛さ増し(200円)、「豚飯」(300円)、「卵かけご飯」(250円)などのサイドメニューのほか、無料トッピングのチーズと大根おろし、辛いものが苦手な人のために辛くない「まっしろ麺」(680円)、「冷え冷え麺」(720円)。

ほおずき

うま味たっぷりの鶏ガラをベースに、唐辛子、芝麻?、花椒などの多彩なスパイスが溶け込み、干しエビの風味が味に奥行きがある。辛さは普通、中辛、大辛、特辛の4段階からチョイスできるが、激辛マニアの方は是非、特辛の3倍は辛いという、最も辛い『激しく辛い担々麺』(900円)に挑戦できる。

辛麺 真空

ゲンコツベースのとろりとした濃厚さのある豚骨スープに、レンゲにのせられた辛味噌を混ぜるスタイル。スープのコク、うまみ、辛さが弾力のある極太麺とよく絡む。辛さは3倍まで無料で注文できる。それでも物足りない激辛好きには、食卓にカイエンペッパー、韓国唐辛子のトッピングが用意されている。

ラーメン凪 炎のつけめん

煮干しや豚骨のラーメンブランドとして人気の「ラーメン凪」の辛さに特化したつけ麺を提供するお店。魚介スープに激辛スパイスを加えたつけ汁に、秘伝の黒麻婆豆腐がのった太麺が提供される。辛味と痺れと旨味は唯一無二の味に仕上がっている。更に激辛メニューを好む方には「地獄のつけめん」(1000円)がおすすめ。麺の上に、大量の唐辛子がのせられており、つけ汁には様々の辛さのもとが沈んでいる。

四川坦々麺 阿吽

四川産の香辛料をオリジナルブレンドした辣油からくる深みのある辛さ、四川産の山椒の痺れが絶妙に効いた、ゴマ風味のクリーミーなスープとコシのある細麺が特徴。辛さは標準で三辣(さんから)で、最大では強烈な刺激が味わえる五辣(ごから)まで注文できる。

旨辛ラーメン 表裏

数々の弟子を輩出してきた老舗『東池袋 大勝軒』の教えを守るグループ店。豚骨と香味野菜をじっくり煮込み、特製スパイスを加えた濃厚な“旨辛”スープのラーメンやつけ麺を提供している。

自家製麺 ほうきぼし

TVやネットで話題の若き女性店主がたどりついたオリジナルの担々麺。自家製辣油と唐辛子を中心に、花椒などの10種類以上のスパイスをブレンドした、うま辛が楽しめる一杯に仕上がっている。

ニュータンタンメン本舗

川崎市、横浜市の他に藤沢市、東京都大田区、埼玉県草加市、長野県上田市にも店舗を有する。

真っ赤な卵とじ塩ラーメン。そこににんにくと大量のたかのつめが入っています。唐辛子は、見た目ほど辛くない。唐辛子も普段食べるのとまったく違うモノだ。辛いのが無理な人も喰える。なんで見た目ほど辛く無い。

ど・みそ 京橋本店

1 2 3 4