1. まとめトップ

偶然発見された! 頭が悪くなるウイルス「ATCV-1」って?

ある別の研究をしていたところ、偶然発見されたウイルス。実は「頭を悪くする」ウイルスだった?

更新日: 2014年11月18日

14 お気に入り 23420 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kinokojpさん

偶然発見されたウイルス「ATCV-1」

偶然に健康な人の喉から発見されたそう。

ある健康な人の喉に、湖や池に存在する「ATCV-1」というウイルスを偶然発見。

咽頭細菌の研究を行っていた際に健康な人の喉からこのウイルスのDNAが偶然に発見されたとのこと。

このウイルスってどういう影響があるの?

ジョンズ・ホプキンズ大学医学部等の研究者チームが、通常は藻に感染するウイルスが、人間やマウスの脳に感染する場合があることを発見した。

このウイルスはクロレラ株に感染増殖することが知られている「ATCV-1」で、クロロウイルスとも呼ばれている

被験者92人のうち藻類ウィルスに陽性だったのは40人でいずれも喉に住んでいた。

多いですね・・・

どのくらい認知機能が低下するのか

▼マウスでの実験

感染したマウスは迷路を解くのに時間がかかったり、新しい入り口などが設置されても気付かない、といった影響が見られた

感染したマウスを調べたところ、このウイルスは海馬に影響を与え、記憶形成や学習、シナプス可塑性に関連した遺伝子の発現を変化させることが明らかになった

▼人間での実験

視覚処理における脳の精度と速度、注意力が持続する時間を測定。

「ATCV-1」を持つ被験者のテストの点数は、「ATCV-1」を持たない被験者より、平均で7~9点低かったという。

ウィルス保持者は、紙に書かれた丸で囲われた数字の順に線を引くスピードを測るテストで、平均して9ポイント近くも下がり、注意力を測るテストでは、平均して7ポイントも低い数字を出しています。

確かに人間でも点数が下がっています。

このウイルス、詳しくはまだ分かっておらず・・・

ATCV-1ウイルスが人間に感染する経路はまだはっきりしておらず、緑藻の生える淡水や湖などを避ける必要はないとのこと

感染経路が分からないのも怖いですね。

人間の認知にどれくらいの影響を与えるのか、またこのような影響を起こす具体的で正確な仕組みを明確にするために、詳細な実験が必要

治す薬とか出来たら嬉しいですね。

認知機能が下がるという恐ろしいウイルスにTwitterは・・・

こういうのん本当怖い。ヒトに感染し「頭を悪くする」ウイルス、発見される wired.jp/2014/11/12/vir…

▼感染者も続出中

私の頭の悪さはこれが原因だったのねそうなのね妖怪のせいじゃなかったのね 「頭を悪くさせるウイルス」が自然界に存在し、44%の人が感染していた事が判明 : 痛いニュース(ノ∀`) blog.livedoor.jp/dqnplus/archiv…

1 2