1. まとめトップ

これで寝坊しない! 明日から出来る二度寝を防ぐ方法

誰もがしてしまう「二度寝」。二度寝が原因で遅刻してしまった方もいるのでは? そんな方におすすめの方法をご紹介します。

更新日: 2014年11月18日

6 お気に入り 2163 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kinokojpさん

「二度寝して遅刻した」なんてことありませんか?

…げっ!遅刻じゃん。まあいいやもう盛大に遅れて行くしかねえや(二度寝)

昨日めっちゃいっぱいアラームつけといたのに全部止めて二度寝した最悪

めっちゃ寝てたら二度寝して集会遅刻だ。ごめんなさい。

そんなあなたに!二度寝を防ぐ方法5選

▼1.ゴールデンタイムには眠る

睡眠のゴールデンタイムは、一般的に夜の10時から夜中の2時であるといわれています。

寝る時間が遅い、深い睡眠が取れていない場合はしゃっきり起きること自体が難しくなるもの。

▼2.目覚まし時計の三段活用

まずは、枕の近くに携帯電話を置きます。しっかりとスヌーズなどをして一回で切れないようにします。

次は足元に目覚まし時計を設置します。足元に置くことで止める時に体を起こす必要があるので効果があります。

どうやらこれだけでは甘いらしい

これにより、起きたら必然的にお風呂場まで行くのでそのままシャワーを浴びれば目がバッチリさめます。

確かに目が覚めそう

▼3.起きたら水を飲む

前日の夜にでも、カラのペットボトルに水道水(お茶とかでも可)を仕込み、目覚ましの近くに置いておきます。

目覚ましが鳴ったら、頑張って起き上がって、目覚ましを止めてください。
その直後、目の前にある前日仕込んだペットボトルを開け、半分くらい飲んじゃってください。

先ほどの目覚ましの三段活用と合わせれば効果抜群!?

▼4.カーテンを開けて眠る

朝起きられない人は、ベッドや布団から出られず、カーテンすら開けられないのです。

確かになかなか開けられないですよね

人間の身体は、太陽の光を浴びたら体内時計がリセットされるような仕組みになっているのです。

朝、太陽の光を浴びることでメラトニンの濃度を下げスッキリ起きられるようになるという理屈なのです

メラトニンとはホルモンのことで、分泌されると眠たくなるらしいです。
カーテンを開けると外から見られそうで心配な方は、薄いカーテンだけ閉めておくのも良いかもしれません。

▼5.寒い時期はエアコンのタイマーを使う

1 2