1. まとめトップ

[これで稼ぐ] アルバイト・派遣の仕事に役立つ資格・検定

どうせ働くなら、高い時給で働きたい!!そんな願いを叶えることができるかもしれない、アルバイト・派遣の給料アップや仕事に就きやすい資格・検定を紹介します。(受験制限が厳しく無いものを選んだので、やる気次第で誰でも習得できるものばかりです)

更新日: 2015年02月02日

26 お気に入り 87197 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Yu-peiさん

① 危険物取扱者 乙4 : ガソリンスタンドで活躍

受験費用:3.400円

受験資格: だれでも受験できます

年に何回も受験機会があります。

深夜のガソリンスタンドでのアルバイトで給料をアップしてもらえました。危険物の乙4を取得していたということで、3000円も手当てがついたのです。

危険物乙4類を持つことにより有利な就職先はやはりガソリンスタンドでしょう。
可燃性物質を扱うことの出来る危険物乙4類所持者はガソリンスタンドには必要とされる人材です。
ガソリンスタンドで働くのに必ず乙4類が必要なワケではありませんが、やはり面接時に優遇されるのは間違いないです。

取得者優遇や必須などの求人も多いため、就職に有利です。
また、資格手当を支給する会社も多数あります。

楽なアルバイトとしては一番最高だと思う。ただ注意してほしいのが、‘セルフ’ガソリンスタンドってこと。給油から見送りまでするガソリンスタンドは楽とは言えないよ。セルフのガソリンスタンドっていうのは、ガソリン入れるのはドライバーさんなんで、従業員は基本ガソリン入れはなにもしない。

出典http://楽なアルバイト.com/selfgasstation/

② フォークリフト:物流倉庫内での作業で活躍

教習所の場所によって値段が違うようですが、4~5万円程かかるようです。また、教習のスケジュールも教習所によるみたいですが、五日ほどで取れるようです。

最大のメリットは、時給などの点で高待遇を期待できることでしょう。資格手当てと言う形で時給に数百円上乗せになることが殆どです。フォークリフト作業をしない倉庫内作業員と同じ時給ということは滅多にありません。また、フォークリフト操作員は神経を使いますが、肉体的には倉庫内作業員よりも楽であることが多いようです。

出典http://フォークリフトアルバイト.com/post_5.html

「一見難しそうですが、どれも建設業界にいる人なら最低1週間あれば取得できる資格です。更新も必要ないので、一度取れば永久的に使えるのも利点ですね。営業レベルでは必須ではないけれども、あると建設業界への転職には有利。あと、これさえあれば、どこでも現場作業員としても雇ってもらえるはずなので、まさに何があっても『食いっぱぐれない』資格だと思いますよ」

このフォークリフト免許ですが、実は費用対効果が高い資格であるとも言えます。例えば大型運転免許などは取得すれば好条件の求人に応募出来ますが、20万円以上の費用がかかります。
事務系の資格は勉強に時間を要することがほとんどです。その点フォークリフトは3,4日の講習で費用も2~3万円程度で済みます。その一方でフォークリフト免許を必要とする求人は多くあります。前述した配送や倉庫での仕分けの仕事以外にも営業や工場での製造職でも求められるケースがあるからです。

そのフォークリフトを使った作業ですが、当然運搬の仕事です。
製造工場や流通のセンターなどで需要のある仕事です。
時給も1000円から夜間では1400円の時給を貰うことが可能。
私としては講習費もかかるのでもう少し高めにしてほしいなと思いますけど

③警備員技能検定:警備員・交通整備の仕事にお勧め

・警備員技能検定には「施設警備業務」、「雑踏警備業務」、「交通誘導警備業務」、「貴重品運搬警備業務」、「核燃料物質等危険物運搬警備業務」、「空港保安警備業務」の全6種類があり、それぞれに1級と2級があります
・いづれも18才以上から受験可能で、2級は学歴などの受験制限がなく、1級は2級習得後に1年間の実務経験が必要です。

受験費用は、1万3千円~1万6千円。検定の種類によって違うようです。中には、警備会社負担で習得できるところもあるようです。受験前に、求人をチェックしましょう。

高収入の警備員として長く活躍したい、一般的にも認められたいという志の高い方にお勧めの資格があります。それが警備員技能検定です。警備員技能検定とは全国警備業界が主催している警備業界では非常に有名な国家資格です。

2年前から「検定資格制度」というものができました。
検定資格が無ければ警備につけない現場(道路や施設)があるというものです。
そして今後もどんどん発展していくと思います。
質の向上→誰でも出来なくなる→プロとしての技術や自覚→警備員への信頼や更なる需要→単価の上昇 これは、給料はもちろん教育や人材育成にもチカラを注げる良い経営体系の確立にもつながります。

年収アップのポイントは資格
時給ベースで働いて収入をアップさせるには、労働時間数を増やさなければなりません。しかし、それには限界があります。そこで検討されるのが、生産効率を高めることで収入をアップさせる方法です。

最も効果的なのは、警備に関する各種資格です。それぞれの資格を持っている人でないと担当できない業務があり、現場によっては最低1人は有資格者を配置しなければならないという法律の規定があるため、必然的に有資格者の待遇は良くなります

④ 原付免許:ピザや新聞など、デリバリーの仕事で活躍

・16才以上から習得可能。

・費用は7,750円(受験料1,500円、原付講習受講料4,200円、免許証交付料2,050円)

・普通自動車免許を持っている人は原付に乗れますが、持ってない人は身分証目的でも習得の価値があります。

1 2