1. まとめトップ
  2. レシピ

【保存版】世界の伝統的なお菓子・スイーツのレシピ60選

気候、文化、風習によって材料に違いはありますが、古今東西問わずみんなお菓子やスイーツが大好きです。世界各国を代表するお菓子とそのレシピについて、国別・地域別にまとめてみました。

更新日: 2016年07月31日

2787 お気に入り 1086689 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日本再生さん

フランスのお菓子・スイーツ

シュケットとはシュークリームの生地をサクサクに焼いたフランスの伝統的な焼き菓子です。軽い食感でいくらでも食べることができます!

材料 (40個分)
バター50g
牛乳100cc
薄力粉60g
玉子2,3個
薄力粉30g
グラニュー糖30g
卵黄2個
牛乳200cc
バター10g
ワッフルシュガー70g
ベーキングパウダー5g
http://cookpad.com/recipe/1027538

ガレット・デ・ロア 1月6日に、キリスト教のイエス・キリストの公現を祝うお菓子。王冠とセットになっていることが多く、王様のお菓子と呼ばれます。親しい人たちが集まって食べます。

材料 (パイ皿18cm 1皿分)
冷凍パイシート(Bellamys)2枚
全卵1個
無塩バター50g
グラニュー糖(製菓用)55g
フェーブ(2cmくらいの陶製の人形)1個
マジパンローマッセ10g
アーモンドプードル45g
卵黄(仕上げ塗り用)適量
http://cookpad.com/recipe/2450096

「ギモーヴ」とは、フランスの伝統的なコンフィズリー(砂糖菓子)の一つで、フワッフワップニュプニュとした柔らかな感触、食感が特徴です。

材料 (20-30個くらい)
水150cc
いちご(潰して)60cc
ゼラチン14g
グラニュー糖(砂糖)150g
コーンシロップ150cc
粉砂糖1/2カップ
コーンスターチ1/2カップ
http://cookpad.com/recipe/2464240

サヴォア イタリア寄りのフランス東南部、サヴォア地方を代表するスポンジケーキ。イルエンヌのサヴォイ家の料理長が考案したという説と、後の神聖ローマ帝国皇帝カール4世が訪れた際のシャンベリーのサヴォア伯爵の演出という説の2つがあります。

材料(18cmクグロフ型 )調理時間60分
卵黄4個
卵白4個
グラニュー糖170g
小麦粉(リスドォル)60g
コーンスターチ60g
ボマードバター(型に塗る分)適量
グラニュー糖(型にまぶす分)適量
粉砂糖(デコレーション用)適量
http://recipe.foodiestv.jp/recipe/11219.html

100年前のフランスで、タタン姉妹の失敗から生まれたタルトタタン。りんごの旨みが凝縮した絶品タルトです。

(15cm丸型)
りんご            3個
砂糖            100g
バター            30g
シナモンパウダー    大さじ1/2
冷凍パイシート      1~2枚

ブラマンジェは「白い食べもの」という意味です。歴史が長く、そのルーツは13世紀までさかのぼるといわれています。

カヌレはフランスの洋菓子。正式名はカヌレ・ド・ボルドー。 フランスのボルドー女子修道院で古くから作られていた菓子。

明日のおやつ、手土産にどうぞ(*´ω`*)

材料 (カヌレ型orプリンカップ 6個分)
牛乳250ml
バニラエッセンス5滴
バター10g
砂糖60g
卵1個
薄力粉50g
ラム酒大さじ1
(型用)バター適量
http://cookpad.com/recipe/1066278

日本ではあまり有名でないフランス(南仏のエクサンプロヴァンス)の郷土菓子 カリソンデクス。オレンジとメロンの皮の砂糖漬け、アーモンド、オレンジピールが主な材料なのですが、口にいれるとまずは、コーティングの卵白がカリッ、次にアーモンド入りのちょっとネチッとした食感

材 料(10人分)
オブラート10枚
●自家製マジパン(パートダマンド)●
粉砂糖100g
ア-モンドパウダー100g
卵白15g
洋酒(アマレット・グランマルニエなど)大1
●グラス・ロワイヤル●卵白15~30g
粉砂糖180g
レモン小1/2
http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1510007971/

イギリスのお菓子・スイーツ

クリスマスプディングは、イギリスの伝統的なクリスマスケーキ。具材にプラムが使われることが多いため、プラム・プディング とも呼ばれる。

材料
カレンツ150g
レーズン150g
サルタナ100g
パン粉170g
牛脂(スエット)150g
レモンピール55g
オレンジピール55g
三温糖110g
ナツメグ小さじ1/2
シナモン小さじ1/2
卵4個
牛乳50cc
ブランデー60cc
ラム酒60cc

ミンスパイ (mince pie) は、ドライフルーツから作った「ミンスミート」を詰めたパイである。 クリスマスに食べる菓子として知られ、径数センチの独特の形で作られることが多い。

材料( 12個分(5cmマ)調理時間90分
A 薄力粉200g
A 強力粉150g
無塩バター 225g
グラニュー糖100g
塩ひとつまみ
卵1個
ミンスミート(市販品)300g~
http://recipe.foodiestv.jp/recipe/17003.html

スコーン 粗挽きの大麦粉を使って焼いたバノック(bannock)というお菓子がその起源とされ、文献に初めて登場するのは1513年といわれる。

お好みでジャムとクロテッドクリームを添えてお召し上がり下さい(by 英国大使館総料理長)

材料 (直径5cmの丸型 10 個分)
薄力粉225g
粉砂糖25g
ベーキングパウダー1.5ティースプーン
バター45g
レーズン40g
牛乳100ml
http://cookpad.com/recipe/2357497

クランペットはアングロ・サクソン人が発明した。初期のクランペットは、ヴィクトリア朝の酵母を使う柔らかいスポンジ状のクランペットと異なり、鉄板で調理した堅いパンケーキであった。

イギリス生まれのパン♪ケーキ?イーストで発酵させるから、もっちもち!捏ねいらずのお手軽なパン!この食感♪絶品です!
材料 (6枚分)
強力粉100g
薄力粉100g
*砂糖小さじ1
*ドライイースト小さじ1(3g)
*塩小さじ1/2
牛乳300ml
バター適量
http://cookpad.com/recipe/2566409

イタリアのお菓子・スイーツ

カンノーロは映画『ゴッドファーザー』の有名な台詞に登場する。

ピーター・クレメンザは仲間にこう指示する。「銃は置いていけ。(一息して)カノーリは持ってきてくれ。 (Leave the gun. Take the cannoli.) 」この台詞で、イタリア系アメリカ人社会以外では比較的知名度が低かったカンノーロの一般アメリカ社会での認識度が一気に高まった。

イタリアの四旬節の断食の前に行われる祭りであった謝肉祭の時に作られるお菓子でした。

製菓用薄力粉150g
バター(無塩)30g
卵白1個分
ココアパウダー17g
マルサラ酒1テーブルスプーン
リコッタチーズ250g
製菓用グラニュー糖30g
チョコチップ適量
レモン汁小さじ1
生クリーム100g
ドレンチェリー8~10個
粉糖適量
サラダ油(揚げ用)適量
http://cookpad.com/recipe/1868473

1 2 3 4 5