1. まとめトップ

楽天のフリマアプリ『ラクマ』の注目ポイントをまとめてみた!

ついに楽天がフリマアプリに参入です。どんな部分で他のフリマアプリ(メルカリ、Fril、Line Mallなど)と違いが出るのか。楽天ならではの部分はあるのか、いつから使い始めたら良いかなどをユーザー目線でまとめてみました。

更新日: 2015年03月08日

30 お気に入り 109711 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

trustman603さん

▶楽天がフリマアプリに参入

▶サービスは11月25日スタート! (開始前限定のキャンペーン有り)

サービス正式開始までに出品予約をしておくと、楽天ポイントがもらえるキャンペーンをしています!(~11/25 9:59)

▶気になるフリマアプリとしての機能

ラクマでは、メルカリやFrilのような既存のフリマアプリと同じく、スマートフォンのカメラで商品を撮影し、簡単に出品できる。出品者と購入者はアプリ内でコミュニケーションをとることができ、商品の詳細を聞いたり、価格を交渉したりできるという。

ラクマとメルカリUI似すぎだろ(笑) 楽天のフリマアプリ「ラクマ」、手数料無料でいよいよ開始--収益モデルは検討中 japan.cnet.com/news/service/3… @cnet_japanから pic.twitter.com/oI2Rt8YsJU

似過ぎとも比喩されるUIは、メルカリからの乗り換えが容易なことを意味しています。

▶手数料オール0円で始めやすい

・会員登録 無料
・月額利用料 無料
・出品手数料 無料
・クレジットカード/ポイント払い手数料 無料
・売上金の振込手数料 無料

※コンビニ払いは、決済手数料として別途216円必要となります。
※10,000円未満の振込は、振込手数料として別途216円必要となります。

※欄に関しては注意点の項目でも触れています。

メルカリそっくりなラクマが出るけど手数料無料なら流行るかも

人気フリマアプリのメルカリは10月から販売手数料を10%に増額していますので、ラクマの方が優れています。

▶支払い時にスーパーポイントが使える

商品購入の決済は、クレジットカード、コンビニ払い、ペイジー、楽天スーパーポイントに対応。出品物の売上金を口座に振り込まず、次の商品購入に充てることが可能だ。

楽天スーパーポイントに対応しているのは流石楽天という所!

例えば購入代金2000円のうち、500円分を売上金で、500円分をポイントで、残りをカードで支払うといった形式が選べる。

金額の一部分をスーパーポイントで払えるのはかなり便利

▶注意点

出品者が口座から売り上げを引き出す際、1万円未満の場合は手数料が税込216円かかる。

ただ、手数料を払えば毎日でも出金可能な点はメリットです。

売買成立時の手数料を含む出品手数料は基本無料だが、売り手が売上金を口座から引き出す金額が1万円未満の場合、また買い手がコンビニ払いを利用した場合には、手数料として1取引あたり税込216円がかかる。なお、楽天銀行を利用する場合のみ、売上金は商品の受け取りが確認されてから最短で当日に指定の口座に振り込まれる。

楽天銀行とセットで使うのが良さそう

▶カスタマーサポートにも期待ができる

商品代金を楽天が一時的に預かる「エスクロー」を導入したほか、楽天オークションで得たノウハウを活かす形でサポートや偽ブランド品など不正品対策のパトロールなどを行う。

カスタマーサポートには、8年ほど運営する楽天オークションの経験豊富なスタッフが担当するため、開始当初から質の高いサポートを提供できるという。

個人間の取引となる為、トラブルが予想されるフリマサービスだけにこれは心強い。

▶フリマアプリはとにかく早めに使うのがお得!

フリマアプリでトップを走る「メルカリ」は、アプリを公開してから1年以上販売手数料を無料で提供してきたが、10月から販売価格の10%を手数料とする形に変更したケースもある。

ラクマでは将来的なことは未定としながらも、広告収入をメインにしていく意向を示しています。

1 2