27日に会見した福田市長が「保育園に入れないから横浜に引っ越すと市民に言われ、行政区域の見えない壁を感じた。市民の生活圏は行政区域にとどまらない。両市で協力できないかと思い、横浜市に働きかけた」

出典待機児童ゼロへ横浜市と川崎市がタッグ 保育所共同整備も | カナロコ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

待機児童解消に向けた最近の動向。立ちはだかる法律の壁。

横浜市と川崎の協定を始め、日本郵便やJR東日本など、最近の待機児童解消に向けた動き。

このまとめを見る