1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

2014年に注目を集めた日本の"技術力"を振り返ってみる

世界的にも高い評価を受けている日本の技術力。今年も様々な日本の技術力が話題になりました。

更新日: 2014年12月14日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
194 お気に入り 200710 view
お気に入り追加

■世界的に評価を得ている日本の技術力

世界の豊かな生活そして工業製品を支えているのはボールベアリング、光学製品、高性能電池、工作機械、CCD、LCDなど挙げればキリがないほどの地道な努力によって築かれた日本の技術

日本も昔は粗悪品ばかりを作っていたが、それでも時代が進むに連れて日本は外国よりも優れた製品を作れるようになってきた

■今年も多くの日本の技術が世界を驚かせました

はやぶさ2

はやぶさ2のロケットが綺麗に分離しすぎてて改めて日本の技術変態だなって思った

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業(MHI)は12月3日、小惑星探査機「はやぶさ2」をH-IIAロケット26号機で打ち上げた

過酷な条件下でのサンプル採取や6年後の2020年12月頃が予定されている帰還の実現に向け、探査機には重機械メーカーなどを中心に日本企業の技術の粋が結集されている

地球から約3億キロ離れた小惑星「1999JU3」に向かい、水や有機物を含むとみられる岩石を採取する計画で、太陽系や生命の起源に迫る成果が期待されてい

中国の簡易投稿サイト・微博(ウェイボー)では「日本の夢は中国の夢に完勝だな。中国の場合は小惑星より近い月だからな」、「日本の宇宙技術はこんなにすごかったのか。」など、称賛や驚きの声が多く寄せられていた

撥水砂

パナソニックの撥水砂。なかなか面白いね。いろいと応用ききそう。

パナソニックと京都大学は、水をはじく特殊な処理をした砂(撥水砂)を使い、雨が少ない乾燥地帯でも農業ができる世界初の技術を開発

撥水砂は炊飯器など、調理家電の内側の汚れを付きにくくする撥水技術の応用品

炊飯器の内釜に焦げや汚れがつかないように、撥水性物質(クロロシアン)でコーティングする技術を、微細な砂の表面に施すことで生まれた「水をはじく砂」

道路の下に敷けば、長時間水を蓄え、路面温度を低く保てるため、ヒートアイランド効果を抑制できる可能性がある

TORQUE

京セラはTorque、富士通はらくらくホンが海外で活躍しそうだね!

マグボックス

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する