1. まとめトップ

これは簡単!目の下のクマを消す方法

目の下のくまを消す方法には、ツボや食べ物、応急処置など自分でできるものもたくさん あります。目の下の黒ずみは疲れて老けたイメージをつくってしまいます。クマの原因を 取りのぞき、イキイキした美しい目元をつくりましょう!

更新日: 2016年07月12日

ktoshioさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
51 お気に入り 172730 view
お気に入り追加

目の下のクマには3つの種類がある

青グマ(青クマ)
最も一般的なクマが青グマで、目の周りの毛細血管の血流が滞ることでできるクマです。寝不足や不規則な生活による疲労やストレス、体調不良や眼精疲労、ドライアイなどが「血行不良」を誘発して発生します。目の周りの毛細血管の血のめぐりが悪くなると、黒ずんだ血がたまってうっ血し、皮膚が薄い目の下は青グマとして目立ってしまうのです。

黒グマ(黒クマ)
加齢に伴い、下まぶたの皮膚がさらに薄く弱くなりたるんで前に出てきた状態です。目の下の眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えている筋肉がゆるむことからが生じ、その下にへこみができてしまいます。その影が黒く見えてしまうのでコンシーラーでも隠すことはできません。むくみが加わるとさらに目立つという特徴があります。

茶グマ(茶クマ)
小さなシミの集合体や、こすることによる色素沈着や角質肥厚などが茶クマの正体です。どれもメラニン色素が関係しているのでシミ対策と同様のケアが必要です。

なぜ血液の色は赤いのに「目のくま」は黒っぽく見えるのか?

それは、血流の低下によるところが大きいようです。

血液の赤い色は、赤血球の中にある赤い色素であるヘモグロビンの色です。

血流の良い状態では、ヘモグロビンはきれいな赤い色をしています。

疲労や睡眠不足、ストレスの蓄積などの影響で、目の下の脂肪が前に出てくることで、その脂肪が毛細血管を圧迫することによって、血行が悪くなり血液中の酸素が欠乏すると、ヘモグロビンが暗赤色になって皮膚の薄い目の下の部分が黒ずんで見えるのです。

大きめのスプーンを前の晩から冷蔵庫で冷やしてください。朝起きてぬるめのお湯で洗顔した後に、冷たいスプーンをクマの上から優しくあてます。

ここでおすすめは、目の周りの血行をよくすることです。私はレンジでチンした蒸しタオルを目元にあてて、その後は氷水で洗顔というのを繰り返してきましたが、効果的とは言えども、正直面倒でした。しかしこれに変わる画期的な方法が「スプーン」です。

エクササイズ&マッサージ

パソコンの使いすぎなどで血流が悪くなり、「疲れ目」になると、クマが目立ちやすくなります。目を閉じたり開いたりを繰り返したり、目を大きく見開いて笑顔をつくるなど、目の周りの筋肉をエクササイズをすると、皮膚を刺激することなく血行をよくすることができます。

目の下のクマをとる方法

眼輪筋(がんりんきん)とは目の周辺にある表情筋のことで、加齢などによって筋力が衰えると目の下のたるみを引き起こし、くまの原因に。この眼輪筋を鍛えるためには、目を大きく開いたりギュッと閉じたりの繰り返しや、目玉を左右上下にゆっくりと回すエクササイズが効果的です。

5分でわかる。目の下のクマを消す方法の情報まとめ

1





ktoshioさん