1. まとめトップ

鳴り釜

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 19:10
今から20年ほど前、兵庫県東部を流れる武庫川が集中豪雨の影響で大増水した。
この豪雨はあちこちで路面冠水や民家の浸水を引き起こし、かなりの被害を出した。
中でも最悪の悲劇は、西宮市塩瀬町生瀬で発生した土石流による被害であった。

国道176号線を宝塚駅から3キロほど北上すると、太多田橋という交差点がある。
そこを左折すると、名勝"蓬莱峡”を経て有馬温泉へ抜ける峠道となる。
その途中にいくつかの採石場があり、
そこの作業員数名が件の集中豪雨による土砂崩れに飲み込まれ、帰らぬ人となったのだ。
土石流に飲み込まれた彼らは、武庫川の支流である太多田川に流され、そのまま増水した本流に巻き込まれた。
轟々と流れる濁流が、行方不明者の捜索を大変困難なものにした。
そして、犠牲者の全員が発見されたのは、事故から数日後のことだった。
ある者は延々と武庫川の河口まで流され、最後に発見された遺体は神戸港湾内まで押し流されていた。

事故からどれくらい後のことだったか定かではないが、私はとあるテレビ番組を観ていた。
いわゆる昼間のワイドショーだが、内容は心霊モノの特集のようだ。
生放送でスタジオと中継地を結び、レポーターがなにやら神妙な顔をしてしゃべっている。
中継地は西宮・仁川の熊野神社である。
自分の地元がとりあげられていると知って、私はがぜん興味をそそられた。
しかし私にとって、それは非常に後味の悪い経験となってしまった。


13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 19:11
神妙な面持ちのレポーターが企画の趣旨を説明している。
「・・・さて、こちらの熊野神社には不思議なものが祭られています。
 『鳴り釜』というこの神器は、この世に未練を残して亡くなった、浮かばれない霊魂を鎮める力があると言うのです」
レポーターの後方へカメラがズームする。
神官が大きな釜の前で祝詞をあげている。
すると、不思議なことにその釜が、かすかに音を発している。

おお――ん・・・おおーーんん・・・

中継はクライマックスを迎えつつあった。
祝詞もその調子をいっそう高めてゆく。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 19:12
レポーターが続ける。
「・・・今回は特に、先頃土砂崩れに巻き込まれて亡くなった方々の霊を慰めるために、
 鳴り釜の神事を行って頂いております。
 犠牲者の方々の無念な思いは・・・・」
しかしこの後、思いもよらない結末に、この放送に携わった者、いや、神官までもが驚愕することとなったのだ。

うおおおおーーーーーんん!! ぐおおおおおーーーーーーんん!!!
ぐうぅおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉーーーーーーーんんん!!!!

戸惑うレポーター。スタジオも騒然としている。
神官の顔に、明らかに焦りの色が浮かんでいる。
鎮魂がなされると鳴り止むはずの釜。その後も一向に鳴り止む気配がない。
それどころか、ますます轟音で響き続ける。
予期せぬ事態に中継はカットされ、気まずい空気のスタジオがその場を取り繕っていた。

人の思いとは、そんなに簡単なものではないのだ。

一ノ宮貫前神社の御鎮神事

222 :黒澤怜 ◆h1/1b0ri7E :2006/01/04(水) 17:23:44 ID:vk7ItciCO
群馬県富岡市一ノ宮にある一ノ宮貫前神社の御鎮神事。
神事での祭典奉仕中、一言も喋ってはいけない。喋べると死にます。
自分が持ってる神事に関する本にある記載によると、
ある宮司が玄関先でつい「火は大丈夫か?」と言ってしまった。
その翌日に急死。いつもの口癖だったらしいが、それが仇に・・・
つまずいた時につい「あっ」と言ってしまい、頓死した神職の方もいるそうです。
ちなみに、咳払い等でも死を免れないとのこと。
またある時、祭事を行っている神職をみた神馬がいなないたと思った瞬間、即死したことがあるそうです。

祭の内容は、
社務所の座敷で草履を履き、土間に降り、提灯一つを持ち、参道を通り御鎮塚に供物を納めて帰ってくる、というもの。
その際、近くの民家は明かりを消すので、神事中辺りは真っ暗になります。
神事を行っている最中の神職を見たら障りがある、とのことなので。
ちなみに、この神事で神職の方が履いた草履は最高の魔避けになるとのことです。

先祖は天狗

79 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 22:35:33 ID:oDhDQxiJ0
うちの先祖は天狗ということになってる。
一族の中でしかやらない先祖祭があって、10年に1度当番がやってくる。
うちの番の時に、先祖を祀ったほこらを開けたところ、『大天狗明神』とあった。
一族発生の口伝もあり、やはり先祖は天狗ということになっている。

胡散臭いこと限りなし。
氷澤から子檀嶺にかけて威を示した大天狗で、人の女と子を成したのが発生だとか。
今風に解釈すれば、修験道者とかサンカ、山賊のたぐいかと。
一族の中には霊感ありそうなのはいないけどね。

だけど妙に山が好きな者が多い。
親族もそうだけど、爺さんは山を3つ買い、1年中山の中で炭焼きや砥石の産出。
親父は重装登山中毒。
俺は森林徘徊者で、夜中もたまに山の中に入ってしまう。
山の中は妙に興奮するし、少し怖い。
夜はそれでも人が通れるくらいの道を歩くが、月明かりを頼りに歩くのは好きだ。
風もなく不自然に静まりかえった夜や、直近で物音がしたりするときんたまが縮む。
そんな感覚も凄く楽しい。
そして先祖の祠のある山、あそこは凄く落ち着く。
ちょっと気分が沈んだときなどに行くと効果がある。
けど、親族の中で祠の山に行くのは俺だけらしい。


80 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 22:53:36 ID:toMd9t6hP
>>79
どこだい?
何県かくらいは言えるだろ?

81 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 22:55:32 ID:oDhDQxiJ0
長野県上田市


89 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 23:19:29 ID:FCKHiV4Q0
で、その天狗さんは、いつの時代のことなの?
行者なら、修験道の修法が先祖祭以外にも一つや二つ伝わってるはずじゃない?


98 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 23:37:15 ID:oDhDQxiJ0
>>89
鎌倉時代くらい?
よくわからない。
戦前までは林業8:農業2ぐらいの生活だったらしい。

修験道の道具やしきたりは残ってないと思う。
関係あるかどうか、天照大神の掛け軸を拝むときは本家先頭の並び順がある。
元は大天狗の名前が書いてあったが、明治の頃に天照大神にさせられたとか。
本物はまだ見たことはない。たぶん本家にある。


99 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 23:45:18 ID:FCKHiV4Q0
>>98
ほほう、だったら
本家の家長にはさらに口伝みたいのが伝わってるのかもしれないね
もしくは伝書みたいなのがどっかにほこりをかぶって眠っているか


100 :本当にあった怖い名無し:2007/09/11(火) 00:01:09 ID:oDhDQxiJ0
>>99
口伝は結構長い。
ちゃんと聞けばもっとよくわかるはず。
最後に聞いたのは8年くらい前。

当時はあまりオカルトにはまっていなかったから真剣に聞いていなかった。
天狗がなんだかの戦に手を貸して勝利に導いたとかそういう話。
天狗の色恋の話とかもあった。
今の口伝者に聞きに行きたいが、最近顔を合わせていないから行きづらいな。

矛盾も結構あった。
池田の庄屋事件に関わったというのがあったが、これが江戸時代中期。
地元では有名な意地悪庄屋のたたり話なのだが、これにも関わっているとか。
口伝者の付け足しは絶対にあると思う。


101 :本当にあった怖い名無し:2007/09/11(火) 00:07:00 ID:76ydGTkV0
>>100
その、天狗さんが手を貸したというのは真田昌幸のことでしょうか?


102 :本当にあった怖い名無し:2007/09/11(火) 00:17:31 ID:KYDzqhcp0
>>101
そんな有名人の話じゃなかった。
近くの村同士のいざこざみたいな戦。
水田の水が何とかかんとかって話。

凄い雨女

604 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 06:56:59.11 ID:L110NAA50
私は凄い雨女で、遊ぼうと決めた日は大抵雨。
趣味でダイビングやってるんだけど、ポイントについたらだいたい雨が振り出す、
神社巡りしてても雨か霧に見舞われる。

そんなんだけど去年の夏、初めて厳島神社に行った。
宮島に着いたとき曇り空が晴天に‼
一緒に行った友達と手をとって喜んだ。
その日一日は落し物も帰ってくるし、人にも恵まれて最高だった。
翌日の市内観光は雨だったけどw

帰宅して祖父にその話をしたら、
自慢げに「うちは代々平家の側近だったからね。歓迎されてるのかもね」と言われた。

偶然かも知れないけど、ちょっと不思議だった話。


606 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 15:54:11.21 ID:xBI98Oej0
>>604
神社に入った時に天気が変わったら、その神社の神様に歓迎されているという説があるそうです
私も晴明神社に行った時に急にみぞれが降ってきたり、
東照宮に行った時に急に雨が降ってきて歓迎されてないのかと思ったら、逆だといわれた事があります

寺マンション

641 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 10:06 ID:WWT/4qgQ
以前住んでいたマンションは、お寺マンションでした。
一階部分がお寺で、家はお寺の真上の部屋でした。
もしかしたら修験者系なのかな、たまに早朝ホラ貝とか聞こえてきたし、本山が羽黒山でした。

ある時、ちょっと台につかいたくてコンクリートブロックを探していました。
廊下の角にコンクリートブロックがチラッと見えたので、ラッキーって思いながらブロックに手をかけると、
そこは物置になっており、中には1メートルぐらいの稲荷神社によくいる狐さんが2体。
腰を抜かしそうになりました。

しかし、そこに住んでいる間、金運がもの凄く良くて、
宝くじとか、たまたま参加した会社のプロジェクトが大ヒット金一封がでて明細をみると200万円でした。
引っ越したら金運は普通になったよ。
全部で700万ぐらいたまった。
でもスゴイ気味悪かったので引っ越してホッとしてます。


642 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 11:51 ID:27aryY7M
>>641
俺に紹介すれ


643 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 13:03 ID:WWT/4qgQ
マジで怖い所です。止めた方が良いよ。
その部屋は空室になったことがないんだって。
人が入ってるうちから次入りたいって人が待ってるらしい。
たぶん縁があれば呼ばれるよ。
ヒントは東京北部


644 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 22:42 ID:OXngsHkq
俺、足立区の千住だけど、もっと北か?
金運があがるなら、入りたいよ、まじで。


645 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 09:37 ID:+NkFA83h
そう、もっと北


646 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 14:09 ID:88nyGTNq
>>643
すごく気味が悪かったとのことですが、
具体的な霊現象のようなものがあったのでしょうか。
それとも、怖気をふるうような空気のようなものだったのでしょうか。
よろしければお答えください。


647 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 16:37 ID:+NkFA83h
一回偶然つけていたテレビで豊川稲荷が映って、
「皆さんの幸せを祈願いたします」って、お経が流れた事がありました。
その瞬間、部屋の電気製品がバリバリ言い出して、明かりが点滅。
びっくりして外に出たら、自分の家だけだった。

夏休みに怖いテレビを見てると、読経するシーンがあるじゃないですか。そうすると夜かならず金縛り。
金縛りの時は、『信心してないので勘弁してください』と念じてました。

例の像がある場所を通らないと部屋にいけないんです。
一年中ひんやりしていて暗くて怖いので、なるべく見ないようにしてた。

3才の甥が遊びに来た時に、笑いながら「おいでー。おいでー。入っていいよ」って玄関に言って何回も声をかける。
おもわず「駄目よ!入っちゃ駄目!」って、大人気ないですが怒鳴ってしまいました。

なんか自分自身、怖くていっつもピリピリしてました。
自分が大家さんに出たいと伝えると、「もう入る人は決まってますよ」と言われました。
人気物件みたいです。


648 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 17:27 ID:88nyGTNq
>>647
いやあ・・・、十分怖いですね(笑)
しかし、あまたある(?)オカルト物件は怖い目に会うだけあって、踏んだりけったりみたいですが、
そこは金運というリターンがあるところが異質ですね。

私は霊感は全くなくて、金縛りも未体験ですが、もし縁があって呼ばれれば試しに一度住んでみたい気がします。
部屋の値段は相場というか、間取りや立地などの条件に見合う、いわば相場通りの価格だったのでしょうか。
大家さんは内心オカルト物件であることを承知しているかもしれませんが、
金運がいいからといって吊り上げるわけにも行きませんね(笑)。
人気物件ということは、ヤバ気な激安ではないですね。


649 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 20:05 ID:+NkFA83h
一応23区内で2DK家賃は月12万です。格安でもなんでもないです。
朝はホラ貝の音が響き渡るし。
別の部屋が決まってたんですが、不動産屋の手違いでこの寺マンションに決まりました。
駅も徒歩3分で買物も便利でした。

異形

539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/21 23:37 ID:pbRAqOfd
地方の寺の息子です。でも今は東京でリーマンw 家は兄が継ぎました。
信じてもらえるかわからんけど、子供のころの出来事をいくつか。

・お盆の時期になると、敷地内の墓地に昼夜関わらずあの世から戻ってきた人(…だと思う)がうろうろしてました。
小学校に入るまで、それが普通だと思ってた。

・中学卒業するまで、毎朝毎夜本堂で親父のお勤めを正座して聞かなきゃならんかった。サボるとぶん殴られたもんで…
そんな夏の夜、本堂の扉を開けっ放しにして兄と一緒にいつものお勤めをしていたら、
背後から明らかに異様な気配がしてくる。かさかさ音もする。
子供だから怖いのと気になるのとでそわそわしてると、親父が一括、
「やかましいぃっ!お前ら仏の教えを聞きたいのなら、もう少し静かにせんかっ!」
(こんなような内容だった。うる覚えだが)
…それまでわさわさしてた気配がぴたりとやんだ。
それ以来、本堂の縁側にひざまずく白い影…というか煙みたいなのをたまに見かけるようになった。

・小さいころ、
格子柄(チェックみたいな模様)の着物着て裸足の、おかっぱの男の子と境内で遊んでた記憶がうっすらとある。
でも、その子が話してる言葉がさっぱりわからなかった。

・何歳ごろか忘れたけど、
ある一時期、境内にある大きな木の真ん中あたりに、鈴を持ったしわしわのおじいさんがずーっといた。

とりあえずこんなところかな。
でも中学入るくらいかどれもらさっぱり見なくなったし、変な体験もしなくなったなあ。


541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/22 04:39 ID:yHNH8IYq
>>539
すごく興味深い!
それらの現象はお兄さんも一緒に感じていたのですか?
住職であるお父さんは、成人してからもそれらの気配を普通に感じてられたということでしょうか?
しわしわのおじいさんて、たぶんすごくいい守護霊のような気がします。
鈴の意味はなんなんだろうなぁ(・∀・)ワクワク


543 :539:04/06/22 21:14 ID:iTmRT/lr
おお、煽られると思ったけど、ちゃんと反応してくれた人達がいた(・∀・)ありがとうございます。
なかなか信じてもらえんのですよ。

親父は昔から見るみたいです。
でも僧侶という手前、お化けとか幽霊とかいう表現を使わず、もっぱら『異形』という言葉を使いますね。
若い頃、山の中の寺で修行してた時に、一つ目一つ足の坊主の妖怪(?)を見たことがあるみたいで、
小さい頃は他人様のお墓に上って仮面ライダーごっこをするなど悪いことするとすると、
その妖怪のお話をエンドレスに聞かされたものです。
まあ、すぐ『拳』に変わりましたが(笑)

兄も見ます。これが一番たちが悪い。どっちかというと、お化けに好かれるタイプ。
ちなみに顔はゴリラですが(笑)。
境内に水子地蔵があります。
これは寺伝だと、昔飢饉のときに亡くなった子供をまとめて供養してるみたいなのですが、
小さい頃は絶対その近くで遊ばないように祖父から言われていました。
…そうじゃなくても子供心に薄気味悪いところでしたから、近づきたくなかった覚えがあります。
そこでまあ、色々あったんですが、結論から言うと、
兄はその場所で『あっちの世界』へ二度ほど引っ張りこまれそうになってます。
ちなみに、私が前述したおかっぱの男の子と出会った(?)のも、水子地蔵のある裏手のちいさな空き地でした。
今は駐車場になってますが。

私は見るというよりも、そうですね、感じると言った方が多いです。
見たとしても、強いて言うなら煙みたいなものを見る事が多いです。
感じるときは何故か右半身だけががきれいに逆立つような感触を受けます。

なんかくだらないこわい話みたいになってしまいましたね。すいません。

神社で写生大会

602 :牙誰:04/07/16 15:46 ID:4o6AmNNl
小学生の時、近くの神社で写生大会があった。
俺は友達二人(双子の兄弟)と神社の横にある、大きな木を描いていた。木が一番描くのが楽だろうと思ったからだ。

一時間ほど経って、その兄弟の絵を覗き見ると、俺の絵にはないものが描かれていた。
それは木に何本も刺さった、斧やのこぎりだった。しかも兄弟で同じ所に。
ちなみに俺が見た限り、木には何も刺さってはいない。
だけどやつらは口を揃えて、「いっぱい刺さってんじゃん」と言う。
もう一度よく見たが何も刺さっていない。
そのうち二人で何か会話を始めた。
「あれ描く?」
「やめようよ、先生に怒られるし」
「かわいそうだね」
俺にはまったく意味不明な会話だった。

あれから十年以上経ち、その双子は一人が自殺、もう一人が失踪した。
正也、和也には見えてはいけないものが見えていたのだろう。

1





miya1224さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう