1. まとめトップ

口呼吸やめたら人生変わった??口呼吸の危険と対策法!!

口呼吸から鼻呼吸に変えたら人生変わった?顔がよくなった、肌がきれいになった、体が元気になった、締まった顔つきになった?呼吸を意識するだけでこれだけ変わる!口呼吸の危険性と鼻呼吸のすごさについてまとめました!

更新日: 2014年11月25日

12 お気に入り 68218 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ジェイJさん

口呼吸してる?鼻呼吸してる?

無意識のうちに口呼吸をしてしているという人がかなり多く、日本人の半数以上が口呼吸をし、小学生以下に至っては、8割が口呼吸をしている状況だということです。

なので口呼吸をしていてもまぁ不思議ではないですね。自分も知らない間に口呼吸をしていました。

あなたは大丈夫?口呼吸チェック!

無意識のうちに口が半開きになる。
朝起きた時にノドが乾燥していたり、ヒリヒリ痛む。
鏡の前で笑ってみたとき、上の歯が8本以上みえない、
鼻の穴を意識して動かすことができない。
鏡を見ると、口角が下がっていて口が「へ」の字だ。
フランスパンやステーキなど固い食事は水分で飲みこんでしまう。リンゴの丸かじりができない。
いびきをかく。
唇の厚さが上下で著しく差がある。
顎が小さく、受け口である。

何か一つくらい当てはまるものがありそうです。。。

口呼吸ってなんなの?

本来、人間は鼻で呼吸をします。鼻からの空気では足りなくなった時に口からの空気を利用します。母乳の時の赤ちゃんは全て鼻呼吸で行っています。徐々に口呼吸を覚えていき、鼻炎や癖などで口で呼吸する割合が高まってくると、口呼吸の方が空気の量も多く取り込めるため、鼻呼吸より口呼吸が中心となってしまいます。

口呼吸のこわさ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●病原菌が白血球の中に入り込み、全身に運ばれてしまう

空気が鼻腔を通らないと、汚れがたまり、常にじめじめした状態になるため

●のどを乾燥させ、加湿不十分な空気が肺に入る

のどには、温度、湿度の調節機能がないので、ほぼ吸い込んだときと同じ状態の空気がのどを直撃し、のどを乾かしたり、冷やしたりして、リンパ組織に損傷を与えます。

●病原菌が白血球の中に入り込み、全身に運ばれてしまう

口から吸引した空気は、そのままのどまで行ってしまい、のどの粘膜が、さまざまな病原菌に無防備におかされることになります。そしてこうした病原菌が白血球の中に入り込み、全身に運ばれてしまいます。

ぼけっとした顔になりやすい

口呼吸の方は鼻や上唇周辺の筋肉が使われないため、筋肉がたるみ、上唇がめくれて、ぼけっとした顔に見えやすい

前歯の虫歯が増える

口呼吸の方はいつも口を開いているため、前歯が乾燥してしまいます。歯は唾液によって常にミネラルを供給さて、初期虫歯を直しています。唾液がないとすぐに虫歯になってしまいます。

口臭が強くなる

口臭の原因は口の中の細菌です。唾液の殺菌作用によって細菌は抑えられています。口呼吸によって唾液量が減ると細菌の量が増えて口臭が強くなります。

なんで口呼吸しちゃうのだろう??

現代日本人に口呼吸が多い理由ですが、オシャブリを取り上げる時期が早い事が問題らしいです。オシャブリは、子供を泣き止ませる為の道具としてだけではなく、鼻呼吸の習慣を身に付けさせる為の道具でもあるそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なので鼻呼吸に変えてみよう!

1 2