1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

私が小さい頃、私は暗闇の中で階段を登ったときはいつでも、登山はすぐに実行するようになった。ほぼ中間のステップアップ、たびに、私は私を追いかけて、私の後ろのモンスターがあったことを揺るぎない確信を持って克服された。私はもうその感覚を得ることはありませんと言うことはありませんが、それは、今起こったとき、私はゆっくりと静かに階段を歩いて自分自身を強制的に、私の恐怖を飲み込む。つまり、成人であることと呼ばれています。

いるはずもない誰かがすぐ側にいるという感覚を”存在感”という。最近、『カレント・バイオロジー』誌に掲載された研究では、この感覚を生み出す脳の領域の特定に成功しており、実験室で再現することができたという。

この論文は、スイス連邦工科大学ローザンヌ校の高名な学者であるジュリオ・ログニーニ氏によって発表された。”存在感”を感じた経験がある神経障害(主にてんかん)を患った患者12人の脳を研究したところ、島皮質、前頭頭頂皮質、側頭頭頂皮質の3領域において病変を発見したそうだ。

 これらの領域は、自意識、動き、空間的位置の認識を司る部位であり、これらの感覚運動信号に混乱が起きたとき、いるはずのない何者かの存在を感じるとるという。

1

関連まとめ