人殺竝疵附御仕置之事、一、主殺。二日晒一日引廻、鋸挽之上磔。同百三、御仕置仕形之事、従前々之例、一、鋸挽、享保六年極、一日引廻。両之肩に刀目を入。竹鋸に血を附、そばに立置。二日晒。挽可レ申もの有レ之時は為挽候事。但田畑家屋敷家財共欠所

出典鋸挽き - Wikipedia

— (レは返り点)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

処刑方法【鋸挽き】とは

鋸挽き(のこぎりびき)は、死刑の一で、罪人の体を鋸で挽く刑罰である。中世および近世の日本で行われた。

このまとめを見る