この処刑方法は、その場を通りかかる民衆たちの手によって行われる。社会的制裁の意味が強かった。

受刑者をしばりつけるか、地中に埋めて、身動きができない状態にする。そして、街通りに放置し、その傍らに鋸を置いておくのだ。

そこを通りがかった人々が、こののこぎりで、受刑者の首を引くのである。一人あたり1回か2回だけと鋸をひく回数は決められていた。

http://shichikasha.info/stories/16/chapters/668

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

処刑方法【鋸挽き】とは

鋸挽き(のこぎりびき)は、死刑の一で、罪人の体を鋸で挽く刑罰である。中世および近世の日本で行われた。

このまとめを見る